「生」の読み方は何通り?

今朝のラジオ番組でのお話です。
 「生」という字の読み方が何通りあるのか研究している方がおられるそうで
さて、何通りぐらい有るかご存知でしょうか?
よく普段でも目にする漢字の「生」ですが
人名、地名、送りがな漢字も含めるとかなり多そうです。
誕生 (たんじょう)  生きる (いきる)  生まれる (うまれる)
芝生 (しばふ)    生活 (せいかつ) 芽生え (めばえ)
生け垣 (いけがき) 生い立ち (おいたち) 生涯 (しょうがい)
地名では
相生 (あいおい) 生田 (いくた) 竹生 (ちくぶ) 福生市 (ふっさし)
など 10~15個は出てくると思います。
私は6個ぐらいしか思いつかなかったですが...
ちなみに私が最初に思い浮かんだのが「生ビール」 です 。
研究するぐらいだから多くて、約130種余り有るそうです。
「生」という字はそれだけ多く関係しているのでしょうね。

ほどほどの飲酒で長寿に

私にとって感心のある新聞記事を発見!
1月28日の毎日新聞の記事に
 「ほどほどの飲酒でますます長寿に」
の見出しを発見
うーん..これはじっくりと読まなければ..なりませぬ...
新聞記事によると
アルコールのカロリーは脂質並みに高い。
過剰な飲酒は、生活習慣病のリスクになる。
ではどのくらいが適量なのか
一日20グラム(純アルコール)を目安にしている
日本酒なら1合、ビールなら中瓶1本
焼酎半合、ウイスキーならダブル程度らしい。
Jカーブというグラフが表示されていて
週5日以上の飲酒やまったく飲まないより
週1~4日、節度有る飲酒がインスリンの働きに良いと表示されています。
この作用曲線が”J”の字に似ているからJカーブというらしい。
まー..昔から適度な飲酒は良いと、聞いていますが
その、適度が難しいのですが..
お酒の種類の違いでは
同じアルコール濃度4.5%のビール、焼酎、ウイスキーを飲んだ結果
尿酸値はビールでは尿酸値が上がったが蒸留酒のウイスキーと焼酎は
尿酸値を上げなかった。
私はビール党なのですが
蒸留酒の焼酎やウイスキーの方が適度な飲酒には
適しているなかな?
ウイスキーにはポリフェノールの一種も含まれているそうで
特に熟成期間の長いウイスキーほど良いらしい。
それって高価なウイスキーなのでは...
まーいずれにしても楽しい、適度な飲酒はストレス緩和にも
効果があるだろうし体には良さそうだね。
週1~4日の飲酒だと、今は週1日禁酒しているから
後2日禁酒日を増やさないとなりません...
ちょっと、いきなりはツライ感じなので月に5日の禁酒日を
目標に何とかしたいと思います。
出来るかな???