「富士重工業」から「SUBARU」へ来年社名を変更

「SUBARU(スバル)」へ来年社名を変更

そんな今朝の新聞のニュースがありました。
2017年4月に社名を「富士重工業」から「SUBARU」に変更されるそうです。
自動車のブランド名を社名にするようですね・・

スバルはおうし座に属するプレアデス星団の和名で六連星(むつらぼし)とも呼ばれる。
もとは中島飛行機なので戦闘機「隼」「疾風」「鍾馗」などを製造し、エンジンも「栄」「誉」などの有名なエンジンも造っていました。

飛行機好きな私なので、いつかスバルに乗りたいと思っていて
もう30年以上前になりますがスバルレオーネを購入して乗っておりました。

ボンネットを開けると例の水平対向4気筒エンジン・・
エンジンヘッドがブルーのカバーで何やら航空機のエンジンのよう・・
そしてエアークリーナーと予備のタイヤがエンジンの上にあり・・
タイヤが衝突の衝撃を吸収してくれるとか・・
水平対向エンジンが運転者の体に当たらず下に落ちるとか・・
なんともスバルの自動車は特別な雰囲気でした。

残念ながら家族も増えたのでその後は1BOX車へと代わりましたが、あの独特なハンドルのフーリングは今でも懐かしく思い出します。

フィット 2回目車検完了

 HONDA Fit 2回目車検を完了しました。

走行距離 約3万Kmを5年間で走りました。
1年 6,000Kmですね・・
なんだか車に乗る時間が少なくなっていきますね (*^_^*)
自前の足を活用する徒歩移動が多くなり
靴の消費が増えました。
だいたい、徒歩1時間ぐらいなら車より徒歩で移動しますが
その反動?なのかビールが美味しいので・・こちらも消費がふえました。

車のバッテリーを交換しました。

 今日、車のバッテリーを交換してもらいました。

車に乗ろうとリモコンを押したら・・
んっ?? 何の反応もありません (@_@;)

あれ?? リモコンの電池が切れたのかな?

鍵を使ってドアを開けてエンジンをスタート・・スタート・・のはずが
あらら・・まったく動く気配なしデス。
まったく電気が無いようデス。

仕方ないのでホンダさんに電話・・

1時間後にバッテリー交換に来ていただき
サクサクと数分で交換作業終了 \(^o^)/
見事(当たり前か)エンジンは元気に始動しました。

そこで、ホンダさんの一言 「あの・・ルームライトが点灯しています!」
あっ・・そうですか あっ有難うございます 今後気をつけます。

そんなことがありまして、バッテリーを交換しました。

ちなみに、ホンダ フィット 走行距離 27,000Km
今年の秋、2回目の車検なのでバッテリーを交換しようと
思っていたので出先でなくて良かったデス( ^)o(^ )

昭和の車

 昨日、理髪店に行って何気なく本棚を見ると
とても気になる本「昭和の車」?そんな表題だったと思う
本が有ったので、思わず見入ってしまいました。

昭和時代の自動車が写真と解説入りで特集されていて
なんだかとても懐かしく拝見しました。

昭和28年生まれなので目にした自動車や思い出のある
車種も多く、当時の思い出が蘇ります。

やはり、目がいくのは当時のあこがれの車種ですね・・
トヨタ2000GT スカイライン2000GTR
カローラレビン/トレノ サバンナ コスモ ベレットGT
各車、説明と共に中古車価格も表示されていて
なんとも、ビックリするような価格です・・
とくに興味を引いたのがスバル1000で
現存するのが少なくて、とても高価格でした。
そういえば、スバル1000やコンテッサは
近所で乗っているお宅がありました。

私が今乗ってみたい昭和の車は
「ブルーバード510 SSSクーペ」かな・・
昔、友人が最初に購入したのが、SSSセダンでした。
よく一緒にドライブに行きました。
ワイパーが窓の両端についていて中心に向かって
動作するのですが、たびたび真中で引っかかり
雨の中、降りて手直ししていたのを思い出します。

ちなみに私の最初の愛車は中古のホンダN360でした。
そのあと、ミツビシFTO トヨタカローラLB
ニッサンマーチG1 スバルレオーネ トヨタタウンエース4WD
トヨタエスティマ ホンダフィットとなりました。
家族が増えると自動車も変化しますね・・

一番、思い出深いのはマツダファミリアロータリークーペです。
会社の先輩から、借りていた車ですが
ときどき京都から大阪まで通勤に乗っていました。
加速の良さや静かなエンジンには感動です。
夜、遅く帰るときは阪神高速を走るのですが
この時間が何とも楽しかったな~ ♪
ただ・・燃費がネェ・・

カーナビデーター更新

フィットの初回車検でカーナビデーターの更新作業・・
すぐにデーター更新作業が終わると思っていたら
なんと、10時間ほどかかるらしい・・
メーカーオプションなのでメーカーからのDVDディスク2枚使用
エンジンが始動している時しか更新作業をしないらしいので
あまり乗らないから、更新完了までしばらくかかりそうです。
現在、更新完了は20%
4月開通の新東名高速は更新されているらしい・・が
 今の所、通る予定は有りません (^^ゞ

フィット初車検

2009年10月に購入したフィット
今回、初めての車検
走行距離 約2万Km
今回の交換は
エアコンフイルター エンジンオイル オイルエレメント 交換のみ。
それと、初回車検時のみカーナビ地図データーを
無料で更新してくれます。

無線機の取り付けをしようと思っていたら
搭載しないまま3年が過ぎてしまいました。
50Mhz 144Mhz/435Mhzトランシーバーは
箱に仕舞ったまま・・大丈夫かな?

 

軽自動車も高性能

昨日、テレビでスズキの新型ワゴンRが発表されました。

以前から気になっていたので、早速HPで確認してみる。
28.8Km/1Lと表示されていますが
ワゴンRの新技術は・・

エネチャージ
減速すると発電して鉛バッテリーとリチュウムバッテリーに充電され
十分電力が蓄えられていると発電機は切り離されて
走行の負荷が少なくなるそうです。

新アイドリングストップ
ブレーキを踏んで減速すると13kmの速度から
エンジンがストップする

軽量ボディー
約70kg程の軽量化

エコクール
蓄冷材でエアコンが送風状態でも冷風を送る

省エネのキーワードは発電らしいので
意外な部分な感じですが
各社、知恵と工夫で省エネを達成されているんですね。

現在はエンジンストップは当たり前の性能なのでしょうね
信号待ちをしていると
信号が青になると、揃ってエンジンが始動する風景は
普通になるかも?
とにかく、省エネ車の選択が増えるのは良いですね!

NEW FIT 誕生

 NEW FIT 誕生 の招待状が届く
ちょうどフィットが昨年の今日5日に納車されました。
1年間走行したんだね!
1年間の走行距離は4500Km程
しかし、その程度の走行距離では
ハイブリッドの恩恵は少なく
平均燃費も14Km(カタログ値では24Km)
そんな私に新しいフィットハイブリッドと
 少し新しく変化したNEWフィットへの案内状
8日が新車発表らしいのですが
7日の夕方に特別に触れられるらしい。
やはりハイブリッドが気になる~
すぐれた低燃費
30Km/㍑ と書かれています。
どうやら荷物室のボード下の空間
あそこにバッテリーが収納されるらしいので
結構、収納は変わらないと思います。
なるほどね・・
どれぐらいの重量増加か気になります。

エコカー購入補助金事情

今日のニュースではエコカー購入補助金も、今日ぐらいで予算を使い切りそうで 終了かも? とか・・
我が家の購入補助金事情
2009年7月  フィット契約 その時点で3ヶ月待ちとか・・
2009年9月  13年付き合った愛車エスティマを車検切れで廃車する。
2009年10月 やっとフィット納車
そして購入補助金は年末に受けられました。
こんな状況でしたのですが、今なら駆け込み購入なので
もっと手続きはかかると思われます。
昨年は4月で補助金は終了でしたが
それでもヤキモキしました。
昨年、購入する時にフィットハイブリッドが2010年冬に発売される
情報はありましたが、補助金を考えると、それまで待てない。
10月にフィットハイブリッドは発売されるらしいので
ちょっと気になります。

あと何キロ走行可・・?

 今日の納品からの帰り道 そろそろガソリンも減り
燃料残量警告灯が点くのか気にしていると
 案の定点灯する。
今日は締め日の「20日」なので明日まで我慢しようと
そのまま走行を決意・・そんな大層なもんかいな!
走行データーを表示する液晶に後50km走れる表示で警告灯が点灯
あと50km走行できるなら明日まで楽勝・・
と・・甘い考え
急に、あと20kmの表示
それから1km走行で・・あと6kmの表示 (@_@)
ふーむ・・走行可能距離が表示されるのも、便利なような
気分が悪いような・・
何とか、無事に帰り着いた
あと「3km」走行出来ます・・との液晶表示だった。
本当は、あと何キロ走行できるのか試してみたいのだが
途中で走行不能になるのも嫌だし・・試してみたいし・・
どうなのかな?
トリップメーターは満タンから600km程だった。
電気自動車の場合も限界が近づくと・・ドキドキするだろうな・・
バッテリーが切れると、突然動かなくなるのだろうか?
それとも、やはり警告の何かはあるんだろうなー

ホンダ フィットが納車されました

 10月5日に待望のフィットが納車されました。
7月27日に契約し、10月5日納車です
エコカー減税と購入補助金の影響が大きいと思えますが
エコカー対象車の購入には納期がかかるようです。
購入補助金申請で感じた事
私の車は平成8年式のエスティマルシーダ
ちょうど9月で13年経過する対象車なので25万円の補助が・・
自動車としては故障箇所もなく
軽快に走行していたので、廃車するには忍び無いのですが
今回は購入する費用も安くなるので
フィットに買い換えをしました。
・・っで
補助金の申請は済ませました・・
申請をして知った事・・
廃車した車の名義人と新しく購入したエコカーの名義人が同じである事
3700億円の予算が無くなれば補助金は出ない・・
廃車し、新しい車が登録されたら申請が出来ると思っていましたが
廃車した車のスクラップが完了した証明が無いと申請出来ない・・
現在スクラップ待ちの状況らしく
未だ私の車もスクラップ待ちの状況である。
もう2ヶ月経つがスクラップ順番待ちらしい・・
各社の車のCMでは・・「補助金も」と一言流れますが
何だか そ簡単ではないような感じです・・
まあぁ・・とにかく 私と同じ思いの人が多いと思いますが
 燃費が良くて安全な車 というのは嬉しいです・・
まだ・・購入して走行距離27Kmなので恩恵はこれからです・・

車検の期限です

 lucida.jpg
 本日、愛車をディーラーに預けました・・
先日はアマチュア無線機とか無線のアンテナとかを
外す作業をしておりましたが
何となく寂しい感じです。
これまでは、新しい車の方に気持ちが傾いているので
寂しい気持ちは湧きませんでしたが
今回は名残惜しい気持ちです。
代車をお借りし、後一ヶ月ほど納車まで掛かるそうなので
無線機無しで乗らなければなりませぬ・・

ハイブリッド代は・・15万円なり・・?

 今人気の”三代目プリウス” 欲しい!・・
しかし高価である、しかし、結構考え方を変えると”安い”かも
ベースグレードのプリウスLは205万円
ベースグレードのトヨタの1800ccのセダンは190万円ほど・・
その差は15万円
ハイブリッド プリウスにはモーター、発電機、充電電池、THSⅡシステム
が装備されて、約15万円って感じでしょうか?
最先端のシステムを体感しつつ、省燃費に環境にも貢献
今回、受注が殺到するはずだね・・
私は今回、ホンダ フィットを注文しましたが納期は3ヶ月といわれ
悩みました。
 ”インサイトなら納期は間に合いますよ!”
一瞬ハイブリッドに心は傾きましたが
お値段が・・
しかし、心の中では・・
あと数年したらプラグイン プリウスが出るでしょう・・たぶん
そうすればハイブリッドが限りなく電気自動車的な
 運用ができると思います。
そうすれば補助動力エンジンを搭載した電気自動車として4代目プリウスを
購入したいと考えています・・ほんまかいな?

続 コンパクトカー

 コンパクトカーを申し込みました。
やれやれ、待った甲斐がありました・・
エコカー減税に、13年経過した車に対しての補助金も
今年初めに計画していたより、だいぶお安く買えそうです。
しかし・・少し誤算が
今、エコカーへの注文が殺到しているそうで
3ヶ月先まで車の在庫がなくて
10月末ぐらいになりそうだとか・・
ETCオプションは、いつになるか不明とか・・
9月で車検が切れるので・・どうしよう・・

5月1日の距離計・・

 5月1日の車の距離計 9が並びました99999km
kyori400.jpg
愛車のエスティマの積算距離がもうすぐ10万kmになろうとする瞬間
路肩に止めて携帯で撮影しましたが、ちょっとピンボケ・・
なんとか数字が “99999”と並んだのが記録出来ました。
平成8年の登録でもうすぐ13年
毎年、走行距離が伸びなくなる・・このごろです。
 

ホンダ フィットに試乗する

 昨日、お願いしていたホンダ フィットに試乗してきました。
以前お邪魔した販売店の社長が担当して下さっています。
世代も同じ(私より数年若い)なので話題が合うのです
助手席より説明を受けながらしばらくドライブしてまいりました。
ここ十何年ワンボックスやミニバンといった移動だけの車だったので
コンパクトカーのきびきびした走りは久しぶりの体験でした。
最近のCVTは素晴らしい
信号で止まり、ブレーキを踏むとエンジン回転も静になり
ニュートラルになるようで負荷が無くなり、燃費にも貢献しているのでしょう。
しかし、坂道で止まっていて、発進しようとすると、ちゃんとクリープ現象で
坂をバックしません。
何やら傾斜を感じるセンサーが付いているようで、えらいものです・・
それと、スピードメーターの下に液晶パネルがあり
瞬間燃費、平均燃費、航続可能距離などが表示されているので
省エネ運転に努めるようになります。
カタログ値はGタイプで24km/1リットル
実走行でも15kmは走行するとの事でした。
久しぶりに、昔乗っていたFTOやロータリー車の
気分を少し感じましたが・・
燃費計に良い運転をしようとするとアクセルは踏めません・・
おまけに良い情報が・・・
平成21年度税制改正大網で新優遇税制が盛り込まれているそうで
その中に環境対応普及促進税制が審議中で成立する可能性が大きいそうです。
成立すれば
低排出ガス車認定表示マーク ☆4つ
平成22年度燃費基準      +25%達成車
などは4月1日登録からかなり減免されると聞きました。
ホンダ フィット、トヨタ ビッツなどは
減免イメージとして
重量税と取得税は75%ぐらい減免される・・かも知れません。
それ以外の車種にも減免処置はあるそうですが詳しくはわかりません
次世代自動車・・プリウスとかは減免ではなく免除されるみたい・・
適用期間は平成21年4月1日~平成24年4月30日
低排出ガス認定車の購入を考えている方には朗報で
購入する時期を考えなくてはいけません・・たぶんネ
ちなみに現行のグリーン税制は変わらないそうなので
自動車税にもやさしいようです・・
以上の情報は新優遇税制(案)なので決定ではありません
決定のニュースを注意してみようと思います。
そんな事を聞きましたので
しばらく購入の機会を慎重に考えます。

愛車に関して・・2009

 新年から我が家のコンパクトカーへ移行の思いが強くなっています
ここ数日、車ディラーさんへ通っていて、何となく現実化しそうな気配
そんな、思いで愛車を眺めていると、手放したく無い気持ちが高まってきます。
平成8年製造のエスティマルシーダなのですが、点検とメンテナンスをしっかりしているので
すこぶる快調な状態なのです。
しかし・・下取り額は 0円 それが現実。
走行距離は98,000kmなので数年は問題なく走れそうなのですが
くるまの価値としては、綺麗でも、状態が良くても、評価されません。
姉の所は昨年、新車にしたばかりなので必要なし
甥や姪のところも新しい車に乗っているし・・・
大切に乗っていた愛車がスクラップになるのは悲しい思いです。
愛車を手放したくないのが嫌なのは今回初めてなので
やはり、今の愛車を気に入っているんだろうね!
自動車免許を取得したのは1975年
初めての愛車はホンダN360で知り合いからの頂き物でした そして
ミツビシ 1400 ギャランFTO (最初の型)
トヨタ カローラ リフトバック
ニッサン マーチ G1
スバル レオーネ
トヨタ タウンエース ディーゼルターボ 4WD
トヨタ エスティマルシーダ となる
その次は
ホンダ フィットかな?
 その間には借りて乗っていた
マツダ ファミリアロータリクーペ
ミツビシ デリカ
ニッサン スカイライン
殆どのメーカーの車には乗っていたが・・気が付けば
スズキの車には乗っていません・・ネ
唯一 ワゴンRの助手席に乗せてもらったぐらいかな・・
1月17日 追記
ダイハツの車に乗っていないか考えてみましたら
思い出しました・・
免許を取って間もない頃、知り合いの
ダイハツ フェローMAX という軽自動車を
お借りして乗っていたのを思い出しました。

コンパクト カー

 愛車に関して、右肘の怪我をしてから不便さをしみじみ感じています。
それは何かと言いますと サイドブレーキ が運転席の右側にある事・・
以前は気にならない存在でしたが
今は右手で操作出来ない為に左手でサイドブレーキの操作を行っています。
それも親切に座席よりかなり下に位置するために
体をねじり、ヨッコラショと操作する現状です。
それと車体が大きいので、少々持て余しの感・・大
ミニバンという分類のくるまなので多人数の時は便利ですが
最近二人乗車が希で、殆ど私ひとり乗車が現状なので
今時のエコカー それも コンパクトが良いなー
ハイブリッドカー プリウスが欲しいのですが
ちょっとお高い・・(我が家では)・・ので
候補として ビッツ と フィット が良さそう・・
しかし車検を受けたところなので、今すぐにとは買えませんが
カタログで検討するくらいなら良いと考えネットでカタログを請求
昨日、カタログが早速届いたので楽しく調べる事が出来ました。
いずれにしても新型は良いね!
燃費も大変経済的なのが素晴らしい!
車を選ぶのに、環境に優しいとか燃費が良いとか安全だよ・・とか
今時の選択は、妙な感じです。
ついでにオートバイのカタログも請求したので
カタログ三昧の日となりました。
ついで の ついで に スカイラインGTR のカタログも請求したいと
愚かな思いが発生したのですが
残念ながら冊子のカタログは無く、DVDカタログとの事
冊子カタログが欲しかったので請求はしませんでした。
GTRで納品に出かけると納品も楽しそう・・
ちょっと、楽しい妄想だけど・・
仕事先で私の評価は上がる? 下がる? ・・微妙・・

車ノート

私は、車に乗り始めてから車ノートをつけています。
整備記録のようなものでしょうか
ガソリンの給油、走行距離、オイル交換、タイヤ交換
などを毎回記録しています。
車が変わるたびに新しいノートを車に常備して
車の記録を必ず記入しています。
だからオイル交換の時期やタイヤ交換、バッテリーの管理など
けっこうキチンと行っているつもりです。
以前パソコンで管理していた時期もありましたが、結局手書きの
ノートの方が管理がしやすいのに気が付いて、パソコン管理はやめました。
エンジンや動力関係の部品は金属の集合体です。
メンテナンスを行わないと金属同士の摩擦は大変で
すぐに摩耗するでしょう。
機械物は大切に扱って長く付き合いたいですね。
ミニバイクが凄いエンジン音を出していたり
ミッションが悲鳴をあげていたりしているのに
遭遇すると信号で止まったときに
車から降りて、つい余計なお世話を焼いてしまい
変な顔をされてしまいます。
ギヤーオイルが切れていますよ、とか
エンジンオイルを交換した方が良いよ..とかね。
ギー..とかギャー ゴー の金属音を聞いて
機械の悲鳴に気が付いてくれ~ お願い。

車検6ヶ月点検

ディーラーから車検後6ヶ月点検の案内が来ていたので
 トヨタ店に行き、オイル交換、6ヶ月点検を行いました。
平成8年式の車なので今年で10年目(走行距離86,000km)に突入です。
機械物は好きなので結構点検やオイル交換はマメに行っています。
オイルも20L 9,800円でオイルキープすれば、オイル交換は無料です。
点検の時間待ちにショールームに展示されているNEWエスティマを探索
最初に今回の装備である3列目シートの収納具合に注目です。
3列シートを収納すれば、フラットな荷物室の感じですが
うわー凄い..と感じるまでは至らない感想かな
便利だとは思いますが...
車高が少し低くなった印象で乗用車のポジションにより近くなった。
前から見るライトの印象がつり上がった雰囲気で
(ガンダムに出てくる顔のイメージだな)
もう少し穏やかな感じの方が良いと思います。
我が家の”子たまごルシーダ”は調子も良いので
まだ買い換えの時期は随分先になりそうです。