懐かしい歌と懐かしい顔

NHKのテレビ番組で「あの歌がきこえる」という番組をご存知でしょうか?
夜11時頃から15分番組なのですが、視聴者から募集した歌のエピソードを
漫画家が視聴者の歌の思い出を漫画ドラマに制作した番組です。
番組の案内人は佐野 史郎さんで何とも青春を共感できます。
先日4月26日(水)放送での曲は「季節の中で」松山千春でした。
漫画家は大島やすいち氏が担当で番組の最初にコメントを語る時に登場。
懐かしい顔、髭づらに変貌したが優しい眼差しは昔のままでした。
大島やすいち氏は私が中学時代に一緒に漫画を描いていた仲間です。
私は挫折しましたが大島氏は漫画家として大活躍されています。
今でも時々メールを交換していますが、彼の活躍は何とも嬉しい思いです。
是非、大島やすいち公式サイトを訪ねてみて下さいね。

花粉症がまだ続く

 先日、いつもの医院で花粉症のクスリをいただいているのですが
 先生が、”もうヒノキ花粉も少なくなったので花粉症のクスリは
 必要ないでしょう”との説明に
 はい!そうですね、もう大丈夫だと思うのでクスリは要りません。と答えてしまい
 ところが、ぎっちょんちょん..
 昨日はマスクをしてるのに、鼻水が止まらないわ
 クシャミが止まらないわ、鼻をかみすぎて鼻血がでるわ
 仕事もはかどりません。
 夜はマスク無しでは眠れないわ、で散々でした。
 これから連休に入るので、今日は診察を受けて再度
 花粉症のクスリをいただきました。
 花粉症のマスクもお徳用100枚入り購入なのでしばらく大丈夫。
 連休も休めそうに無いので、ひっそりと道路の渋滞情報でも
 見て、ニンマリしながら仕事でもするかな。

局免更新だけど

先日、アマチュア無線局免許更新(5年毎)の時期なので
 京都市内のいつもの無線機店に申請書を購入しようと
出かけたら、あれっ!お店も大きなアンテナタワーも有りません。
 えっ!! どーしたん? 何時の間に
 あれー これで無線機専門店が無くなりました
最近はアマチュア無線の人気が無いので、仕方が無いのかも..なのですが
何だか、寂しい限りです。
総務省のHPから申請書のアプリケーションをダウンロードして
フロッピーディスクで申請も可能なのですが、一抹の抵抗もあり..
申請書は紙で残さないと不安やったりしてネー
結局インターネットで申請書を注文した次第です。
すれ違う車にアンテナを見る機会も減り
自宅に大きなマチュア無線のアンテナも見かけなくなった気がします。
携帯電話の普及が大きな原因なのかも知れませんが
仕方が有りませんね。
無線の会話の内容からも技術的な話が無くなりました。
昔は真空管の名前がよく話題にあがり
受信機は高1中2がどーとか、コリンズタイプがどーしたとか
変調は6AR5プッシュプルが良いとか、いや6BQ5が最高とか
ファイナル真空管は807、S2001、6JS6、2E26とかね
そんな会話を又してみたいです。
ちなみに、アマチュア無線局は1局あたり電波利用税(電波利用料)
として毎年500円納付しているのです。

レンゲ畑



 レンゲ畑に寝ころんで、ぼんやり空を眺めたら
 青い空にぽっかり白い雲が流れてる
 高い空にヒバリの声が眠気をさそう
 ピーヒョロロ ピーヒョロ.. トンビの鳴き声も聞こえそう

レンゲ畑って良いよねー
そんな幸せな雰囲気を、久しぶりに思い出す。
レンゲ畑に寝ころんだのは、何年前の事だろう
そんな子供時代がなつかしい。
 

筍づくし

 親友から例年通り、筍を頂いたので今晩は筍づくしです。
彼の竹林の筍なので美味しさも格別
 春のこの季節が待ち遠しい
我が街は筍で全国的に有名で西山は竹林が広がっています。
毎年桜の花が散る頃にわざと遅らせて筍を堪能。
お酒にもビールにもシャキシャキ感と春のほろ苦さが最高です。
53年前の4月23日の早朝に私は誕生しました。
春の快晴の良い天気だったらしいのですが今朝の京都は
小雨模様でした。
昼からは予報通り天気も回復して青空も少し出る。
久しぶりに家内と用事で茨木まで出かけ
誕生日なので昼食を...回転寿司に、ビールで乾杯!
昨年はオムロンのネット接続で管理出来る歩数計でしたが
 今年はどうもプレゼントの気配は無し。
最近は「数独」パズルで脳力トレーニングが日課です。
9×9マスに1-9の数字を空いているマスに埋めるパズル
妻から課題を渡されて毎日、2問ぐらいが限度
家ではニンテンド-DSで脳年齢チェックとやらで
最高が40歳で、今は下がる一方。
私は、体も脳もお疲れのご様子...60歳を越えたらどうしよう...あっう゛..

「生」の読み方は何通り?

今朝のラジオ番組でのお話です。
 「生」という字の読み方が何通りあるのか研究している方がおられるそうで
さて、何通りぐらい有るかご存知でしょうか?
よく普段でも目にする漢字の「生」ですが
人名、地名、送りがな漢字も含めるとかなり多そうです。
誕生 (たんじょう)  生きる (いきる)  生まれる (うまれる)
芝生 (しばふ)    生活 (せいかつ) 芽生え (めばえ)
生け垣 (いけがき) 生い立ち (おいたち) 生涯 (しょうがい)
地名では
相生 (あいおい) 生田 (いくた) 竹生 (ちくぶ) 福生市 (ふっさし)
など 10~15個は出てくると思います。
私は6個ぐらいしか思いつかなかったですが...
ちなみに私が最初に思い浮かんだのが「生ビール」 です 。
研究するぐらいだから多くて、約130種余り有るそうです。
「生」という字はそれだけ多く関係しているのでしょうね。

久しぶりのエントリー

久しぶりのエントリーです。
父(81歳)が3月末に脳梗塞で緊急入院
毎日、病院と仕事に追われブログのエントリーも
しばらく滞っていました。
先週、無事退院を済ませ、我が家での生活も
少し慣れてきたので一安心です。
今後の生活に不安もありますが
少しずつ普段の生活に戻れそうです。
ブログも徐々に復活したいと思いますので
これからも宜しくお願いします。

俺たち(夫婦)の旅

 4月4日は結婚記念日でした。
今年は忙しくしていたので祝いらしい事が出来ずに
1週間が過ぎた。
1982年4月4日に式を挙げて、もう24年
思えば私たちの結婚生活のスタートはチューリッヒから
二人三脚で始まった。
私の希望は、式場からバイクで北海道ツーリングにスタート
する予定であったが
妻の大いなる希望でスイスに旅立った。
本当はヨーロッパバイク旅行をしたかったのですが
用意が間に合わなくて
トーマスクックの時刻表を手に入れてヨーロッパ国鉄の旅に
出発でした。
夫婦二人の弥次喜多道中で強い運命共同体の
自覚が出来たように思う。
以来、二人三脚で今の仕事を頑張っています。
 チューリッヒの路面電車の駅で私

 チューリッヒの街で妻

続きを読む