姪の結婚式に出席

 先日の7月29日、姪が結婚式を挙げたので出席しました。
姪は、もうすぐ25歳 新郎は28歳
目出度く新大阪のホテルで結婚披露宴を行いました。
二人の新しい人生に幸多かれと祈ります。
叔父の私は、家内と少し早めに出かけ
 ビデオ/写真撮影の担当させて頂きました。
video0731.jpg
若くて、清々しい二人なので、楽しくビデオ撮影に精を出し
60分テープ 3本 写真撮影60カットを老体にむち打ち何とか
延べ4時間、カメラとの悪戦苦闘です。
モニターの中の顔はニコニコ顔の連続で、実に久しぶりの楽しい時間でした。
最近のビデオカメラは小さくて、性能も良くなり、軽くて何より
バッテリー(大容量タイプ)も1本で連続7~8時間は余裕なので
バッテリー切れの心配も必要無し
後はDVDに編集して叔父さんからの、ささやかなプレゼントです。

姉に電話する

 今月の29日に姪の結婚式も近づいたので
実姉に打ち合わせの電話をする。
姪は新居の準備や式の準備に大忙しで
 仲良く二人で飛び回っているらしい。
最近、義兄と姉は寂しい気持ちが強くなっているとの事
姪の部屋も片づいて荷物は少なくなり
それが何とも、いよいよ感が強まって寂しいと、姉が話していた。
強がりを言っていた義兄だが、やっぱり寂しい気持ちはよくわかる。
父親が娘への想いは特別なものが存在する
色白で優しくて美人の娘だからなおさらだろう
いまさらながら娘に癒されていた事に気が付いたと
姉が電話でしんみり語る。
最期に姉が”人事と違うよ! あんたのところも、もうすぐやで!”...と
 こちらまで、寂しいよ!光線を発射される。
我が娘も、もう二十歳、気にならない訳がない。
しかし、まだまだ先や! 今時は三十歳ぐらいが適齢期やし、しばらく大丈夫やろ..。

海彦、山彦

 私が、今何が食べたいの?と聞かれたら
 ゼンマイの煮物とシシ唐辛子の煮物、と即座に答えるでしょう。
何だか田舎の味を猛烈に体が要求している感じです。
私の両親は滋賀県高島郡朽木村の山深い緑多い地出身
結婚して両親は京都市左京区で暮らすようになった。
当然私の田舎は朽木村の山の暮らしで、山菜が好物
それとは反対に妻の田舎は石川県能登半島輪島の近くの漁師の家
2階の窓から竿を出せば釣りが出来る程の海が近い。
当然、好きな食べ物は新鮮な魚が大好物。
結婚当初、食べ物の味付けが極端に違うので大変だった。
私の方は山の味付けに京都の薄味で育ち
家内の方は能登のお醤油味に濃い味付け
みそ汁も濃い味付けか醤油味のすまし汁が多い。
24年が経ち家内も能登の味付けが滋賀+京風味付けの薄味になった。
何が食べたい?と聞かれて最近は
大好きなゼンマイの煮物とシシ唐辛子の煮物の味が非常に上手になり
 リクエストが出来、嬉しい限りです。

ムクドリのかけあし

mukudori0722.jpg
いつものお馴染みのムクドリですが、しかし今回は何やら雰囲気が違いました。
私の横を知らんぷりで、通り過ぎます...
私も、ああ、いつものムクドリなのでさして感心も示さず眺めていましたが
ところが、思わずカメラを向けてしまいました。
なんと、ニワトリのように駆け足で通り過ぎたのです。
ムクドリがニワトリのように足を交互に出しての、駆け足(急ぎ足)は初めて体験しました。
ゆっくり歩く姿は普通に見かけますが、駆け足(急ぎ足)も可能だと知ってビックリした時の画像です。

TVチャンピオン「新幹線王選手権」

 昨夜の7時半~9時までテレビ大阪のTVチャンピオンの番組で
「新幹線王選手権」を楽しく観ていました。
 「新幹線」に関わる知識で競い合ってチャンピオンを決定する
番組なのですが
 参加者の「新幹線」に関する知識と情熱には、ただただ脱帽です。
 新幹線の窓から外の風景が数秒間、見えるのですが
 さて、何駅から何駅の間でしょうか?
 夜間駅を通過する瞬間にライトの形状で何系の新幹線か
 車内アナウンスが聞こえますが、その後を全て言えるとか
 音だけ聞こえるのですが、駅の通過音で何系の新幹線か?
何やらマニアックな質問が多いのですが、彼らの新幹線に注ぐ情熱は
素晴らしいものがあり、いや...流石と、感心します。
新幹線といえば、私が小学生の頃の昭和39年10月
学校の前を新幹線の線路が建設され
開通祝いの時に全校生徒が校庭に出て整列し
皆で日の丸の旗を振った記憶があります。
白い車体にブルーのカラーが綺麗で
ピューンと過ぎる「新幹線ひかり号」に感動したものでした。
大阪から東京まで4時間と聞いて、えらく驚きました。
結局、新幹線に初めて乗ったのは高校生になっていた。
何となく飛行機風なので気に入ったのを覚えています。
500系、700系の新幹線が猛スピードで走行しているのを
見かけますが、未だに乗車した事はありません。
結局、新幹線の乗車は「ひかり」 「こだま」だけの時代遅れです。

昨日の気ままな写真

cyou0719.jpg
mitubachi0719.jpg
momiji0719.jpg
昨日の散歩中に撮った気ままな写真
今のデジタルカメラは大変高性能になりました。
プログラムモードでの撮影ならシャッタースピードや絞り値を気にせずピントも自動で、パシャリです。
後はパソコンに保存して、はい!お終いです。
ふと今日は写真を撮りだした頃を思い出しました。
父から譲り受けた古いカメラ。
中学生の頃で「カロ」という名のレンジファインダー付きのカメラでした。
絞りも、シャッター速度も自分で選び、勿論露出計などは装備されていません。
父から、日が射して明るい場所は1/125秒 絞り F4にしなさい
それよりも暗いときは1/100秒 絞りF3
室内は1/60秒 F2.8で撮りなさいと教わった。
だからいつも 1/125秒 絞り F4を基準に光の具合を常に考えて撮っていました。
日常の風景にも光の変化に非常に敏感に感じるようになりました。
上の蝶々/蜜蜂/紅葉 の写真は同じ日のほぼ同時刻に撮影していますが
写真の撮影データーは随分異なります。
光の違いがわかるでしょうか?
最近、撮影の設定を考えることなく撮影している自分に気が付きました。
カメラにお任せの時代ですね。

続きを読む

雨上がる

 ここ数日の激しい雨も上がり青空が少し顔を出す。
各地で被害も多く出ているので、激しい雨もこれくらいで止んで欲しい。

 青空を気持ち良さそうにハトも群れて飛ぶ

 池のカメを眺めていたら、どうもいつものカメと雰囲気が違う
 どうやら、スツポンがカメと甲羅干しを行っているようです..顔つきがちょっと怖い感じ。

野球観戦

dome.jpg
 昨日は息子と二人で京セラドーム大阪に阪神×中日戦の野球観戦に行きました。
地下鉄は阪神ファンの車両と化し、応援ムード満点です。
6時試合開始なのですが4時半頃にドーム球場に到着。
もうすでに各席は半分ほどうまっていました。
やはりテレビ観戦にはないワクワク感でヒートアップしてしまいます。
残念ながら4対2で阪神タイガースは負けましたが
惜しい場面も多く、次の試合が期待されます。
今回一番応援したかった藤川投手の登板はなくて
ちょっと残念でした。
試合後の帰りの地下鉄の混みようは想像以上で
地元の駅に帰り着いたのは午後11時15分
お腹も空いたのと、生ビールが飲みたくて
馴染みの居酒屋に息子と立ち寄り
美味しい、美味しいと焼き鳥をえらく気に入られ
お父さん、良く来るの?  良いね!..
と息子に羨ましがられた夜でした。

続きを読む

岸恵子さん流「人生の歩き方」

 先日、岸恵子さんのインタビュー番組がありました。
岸恵子さんと言えば「君の名は」で有名な方ですが
珍しく私と家内も素敵な方だと意見が合う女優さんです。
「君の名は」に出演されたのは、私が生まれた1953年と聞います。
今でも、凛として物事をはっきり見据えた素晴らしい雰囲気でした。
口元が素敵で、お話になるときの姿が何とも美しいデス。
番組でインタビューを受けて、色々なお話が聞けましたが
印象に残っているのは
 「孤独の裏には自由がある」 でした。
自由を手に入れると、孤独が付いてきます
 孤独になると自由が得られます。
孤独に飲み込まれてはいけません。
 孤独と自由は表裏一体なのです。
岸さんは単身、女優も家族も国も捨てて
フランス人の医者で監督のイヴ・シャンピさんに嫁がれました。
言葉もわからず遠い異国で孤軍奮闘された事でしょう。
きゃしゃで古風な感じの岸さんですが、内面は強く
明るい女性を感じます。
番組はNHK放送で 「人生の歩き方」
7/19(水) 10:05~30 2回
7/20(木) 10:05~30 3回
7/21(金) 10:05~30 4回
と続きがあるようなので、感心のある方はご覧下さい。
予定がが間違っていたらゴメンナサです。

突然の青空

 昨日は仕事で嵐山方面に出かけていました。
午後3時頃四条通の西の端にある松尾橋で信号待ちをしていると
小雨が降っている空模様が急に青空が見えだして
雲の間からぽっかり青空が顔を出し、入道雲らしきものが
クッキリ見えていました。
思わず携帯カメラで記録した画像です。

松尾橋から少し嵐山に向かい、嵯峨美術大学前の桂川河川敷に何やら人だかりが見えます。
パトカーが止まり、人が数人集まっています。
河原にはトラックや人間も作業をしている様子です。
...あっ..何か事件が起こったの??
そんな瞬間を走りながら(ゴメンナサイ)記録した画像

 側を通過するときに良く確認したら、事件や事故では無く撮影の準備中でした。
河川敷には草も刈られ、何やら爆発シーンの撮影準備のようでした。
この場所は、良く撮影をしている現場に遭遇するのですが
大抵は時代劇の撮影です。
歩道をサムライや町娘が普通に歩く場面に遭遇して、ちょっと嬉しくなります。
小雨が降る嵐山近くの桂川での出来事でした。

法事でお出かけ

昨日は法事で京都市内の菩提寺に出かけていました。
7月9日も同じ菩提寺で法事があったので、続けさまでした。
9日は親戚の法事なので阪急電車で行く。
9時30に家を出て、40分の特急に乗車
阪急河原町からタクシーで菩提寺には10時過ぎに到着でした。
昨日は我が家の法事なので家族で出かけた為に
自動車で行ったのですが
8時半に家を出発し堀川通りを北上し
祇園祭準備の混雑を避けて御池通を東に向かい
菩提寺に到着したのは9時40分でした。
予想通り京都市内は大層な混雑
電車で行く時の倍以上の時間が掛かっています。
改めて電車の有効性をしみじみ感じました。
歳のせいなのか、自動車に出来る限り乗らなくなりました。
仕事の場合は仕方有りませんが
普段用事で出かけるときも1時間ぐらいなら平気で歩いて出かけます。
運動の為に歩いていると家族には話しておりますが
本当は車で出かけるのが面倒くさいのです。
散歩に慣れると、つい自分の足で移動出来るのが楽しくなります。
自動車にも自転車にも乗らない生活に馴染んできている訳なのですが
 やはり歳のせい、なのでしょうか?

7月の稲


 7月に入り梅雨の雨が続き、蒸し暑い気候で体も疲れ気味です。
梅雨の晴れ間で少し空も顔も出したので、汗をかきながら散歩していると
水田の稲はスクスク育つ風景に出会う。
視界が”緑一色”の風景で嬉しくなります。
手前の小高い緑に隠れて見えませんが「浄土宗 光明寺」が有るのです
いつもなら「光明寺」まで足をのばし、境内を一回りして緑色の紅葉のトンネルを
くぐると涼しい風を感じるのですが
今日は、蒸し暑くてへばっているのでUターンとなりました。
タオルがぐっしょり濡れているのでかなりの水分が出ているでしょう。
帰っての冷たい麦茶と夜のビールの為ならエーンヤコラです。
何とか1時間の散歩で行き倒れにならずにすみました...

フォークの達人 西岡たかし

 7月7日七夕の夜 BSでフォークの達人 西岡たかし の特集でした。
遅く帰っての食事中に新聞を読んでいて気が付いた
午後10~11時半までの放送であったが、気が付いたときは11時近くでした。
NHK BS放送なのでコンサートの雰囲気が良く伝わってきます。
西岡たかしさんを画面でまじまじ見たのは初めてかも知れません
40年近く時間は経っているのですが声や雰囲気は昔のままでした。
最期に大好きな曲 「遠い世界に」が演奏され
 画面に釘付けで、一緒に歌った七夕の夜。
多感な高校生の頃、安保問題で学校は大騒動
デモや学生集会が続く日々
木曜日の昼は講堂が開放されて毎週演奏会が開かれていた
皆でギターに合わせてフォークを歌う
バイクに乗り出し自由を感じ始めた頃の出会った歌である。
寂しい時は「悲しくてやりきれない」を.. 頑張ろうと「遠い世界に」を口ずさむ。
思えば「遠い世界に」にたくさん元気をもらった
いつでも自由と旅がテーマと感じ、”だけど僕たち若者がいる”と口ずさむと
僕たち若者が未来を創るんだと大いに勇気が湧いたものでした。
何かしなければ、いや、何が出来るんだと悩んだ時代です。
西岡たかしと再結成された五つの赤い風船は今も健在でした。

スイレン

suiren0707a.jpg
suiren0707b.jpg
 天満宮のスイレン
何度と無く、散歩途中で観察しているスイレンなのですが
雨が降ったり、花が綺麗に咲いていなかったりと機会を逃していました。
梅雨の曇り空の午後に撮影
カメラを持っての散歩もこの時期は汗だくになり、けっこうツライですね。

 スイレン池の横には蓮が見事に咲いているのですが
今回は蓮の花が散った後に、何やら不思議な生き物が止まっているのに気が付いた。
一見「蚊」のようにも見えるのですが、何しろサイズがデカイ、約3-4cmはあるのでは?
じーと動かないので観察するのですが、これが何者で有るかは不明です。
頭はトンボのようにも見えますが羽が確認できません。
私の感想では「トンボ」+「蚊」+「ハエ」の合体生物では...
今度は図書館の昆虫図鑑で調べてみないと気になる生物だな。
<続き>
調べてみると、特徴から「アオメアブ」のようです。
アブって、ずんぐりしているとおもっていましたが
こんなアブの仲間もいるのですね、初めて知りました。
ちょっとおっかない感じがしました...(目がコワイ)

小倉山荘

ogura.jpg
ogura1.jpg
ogura2.jpg
 5月にオープンした「小倉山荘 竹生の郷」でお使い物を買う為に出かけました。
工場が建つのかと建築中の建物が気になっていましたが
地元の「小倉山荘」というお煎餅やおかき、あられのお店がデーンと大きくなってオープンしましたので
今日初めてお店で買い物です。
正倉院風の外見で駐車場も広く、中庭も庭園を感じさせられる落ち着いた雰囲気です。
カフェも併設されていますが、今回は寄っていませんので次回の楽しみです。
以前は家の近所の小さなお店で、お土産品として、何度となく買ったり
知り合いに送ったりと利用しておりましたが、こんなに大きなお店に変貌するとは
驚きです。
購入したのは、今までのお気に入りと同じ品物でした。
紅葉で有名な「光明寺」が直ぐ近くなので秋には、大層な混みようでしょう。
土曜日の午後でも駐車場は、ほぼ満車の状態でした。
くれぐれも、料亭やレストランではなく 「おせんべい 京風やき餅 おかき あられ」のお店です。

ネムノキ 2



天気も余り良くないがネムノキが気になっていたので様子を確認しました。
花のピークの時期は過ぎてしまった様ですね
前回よりは少しアップで撮影してみましたが、パッと華やかには撮れなくて残念。
来年は注意して、再度チャレンジです。

父の誕生日

7月6日は、私の父(82歳)の誕生日です。
今年は体調をくずしたり入院したりで忙しかったように思いますが
 何とか健康も回復して、体をいたわりながらですが、日々を過ごせるようになった。
普通に過ごせる事が何よりも幸せかを痛感しています。
無理せず、あせらず、コツコツと、のんびりやろうね。
今月の29日に、姉の孫娘が結婚式を大阪であげる。
式には体調が不安なので両親は出席出来ないために
孫娘が挨拶に来るとの連絡が有った。
両親もたいそう喜んで、あのオチビちゃんが嫁に行くとは
嬉しい思いです。
つい、この間まで高校生と思っていたら、もう25歳
相手の方は28歳なので、丁度良い感じです。
幸せな二人を見ていると、こちらまで幸せ気分になりますね。

早朝の大雨とミサイル

 今日の早朝4時半頃に凄い雨音で目が覚める。
2階の窓が少し開いていた為に起きて窓を閉めて回る。
京都地方は明け方の突然の雨でした。
急に起きたので目が覚めてしまい、何気なくラジオを聞いていると
え!!.. 北朝鮮からミサイルが発射されて日本海に着弾したとのニュースで
 ビックリして完全に目が覚めました。
3発のミサイル発射が確認されたと報じられる。
布団のなかで弾道ミサイルのニュースを聞いていると
大変な事態が起こらないかと不安がよぎる。
ラジオではスペースシャトル「ディスカバリー」の打ち上げ成功のニュースが流れたり
アメリカ独立記念日とシャトルの成功を祝っていたり
再び日本海にミサイルが続いて発射された報道が流れたりと賑やかな状態でした。
結局ウトウトしながら目覚ましのベルで2度目のビックリで起きる。
案の定、朝のテレビのニュースはミサイル発射の件でどの局も大騒ぎでした。
我が家も食事しながら家内と、ミサイル発射事件の事が話題でした。
久しぶりに、軍事評論家さんが登場して、詳細に説明をしていて
 いかにもと言う感じです。
事態がますます大きくなって世界を巻き込んで解決に向かうのか
それとなく、事態をおさめる方がいいのか、意見も分かれるところだが
最期の一線だけは越えないように願うだけです。

ネムノキ

nemunoki1.jpg
nemunoki2.jpg
 天満宮八条ヶ池 近くのネムノキ
以前から気になっていた木なのですが、花が咲いてネムノキだと判明しました。
冬に大きなエンドウ豆みたいな実を付けていて、何だろうな...不思議な木。
細いポンポンのような感じの淡いピンク色の花が咲いて
今回、調べてみるとネムノキと初めて知りました。
今回は雨上がりの夕方なので薄暗く、ちょっと手ぶれ気味
もう少し花を詳細に撮りたいので、機会があれば再度撮影をします。
きっと、かなり以前から咲いていたと思いますが
今まで、気が付きませんでした。
ブログのおかげで樹木や花に感心を持つようになり
自分でも、自然に対する感性が少し豊かになったように思います..(^^ゞ

缶コーヒーのCM

 最近、缶コーヒーのCMで好感の持てるCMが放送されている。
 あまり缶コーヒーは飲まない私ですが、ちょっと気になるCMです。
会議室でのひとコマ
渡哲也さん扮する、渋い声の上司が
「自分は 缶コーヒーを飲むと突然良いアイデアが...」
 と言って会議室を出る
木村拓哉さんも 「自分も...」と同じセリフで、続いて部屋を出て
二人は美味しそうに缶コーヒーを飲んでいる。
そんな缶コーヒーのCMを観て、何となくほのぼのと、そうや、そうやとエールを送る。
しかし、そんな場面が京都で撮影されたら、ちょっと違う雰囲気になるでしょう。
 私が、もしその場面に登場したとしたら、浮ついた声でネ..
  「すんません なんか知らんけど 缶コーヒー飲むと、急になー.. ええアイデアが
  浮かんでくるねん そやし ちょっと、出てよろしいか...」
 そんな京都バージョンにしたら ”勝手に出て行け..”と怒鳴られるやろね。
 何編か違うシーンのCMもあるようなので、次のバージョンが楽しみです。

次のページ →