梅の花 1月30日

 昨日は素晴らしい青空!!
散歩をしていても大変気持ちがよい
京都では3月中頃の気温とかで
やはり、温暖化の影響なのでしょうか?
コートを着ての散歩は汗ばむくらいでした。
しかし、まだまだ梅が咲くには早いようですが
日当たりの良い此の梅だけは咲きそろっておりました。
ume0131.jpg
ume01.jpg
ume02.jpg
携帯カメラでの撮影

新型カップ麺だって?

朝の食事中に新聞を読んでいると
カップ麺の記事に反応してしまいました。
それは、新製品の案内ではなく
カップの方なのです。
カップヌードルの使い捨て容器ではなく
マグカップのような形状の繰り返し
使える”カップ”と”麺”の紹介でした。
容器と麺2つがセットになった商品のようで
価格は500円と少しぐらいでした。
次回からは、麺だけを購入すれば
スチロール容器ゴミの軽減になり、値段も安く済む
ようである。
リサイクルごみでも発砲スチロールは多いので
繰り返し使える容器は良いかもネ!
カップヌードルが発売された昔(30数年前)
若者だった私も、大いにお世話になりました。
夜に友達の家に集まっていると、夜中にお腹が空きます。
当時はコンビニなどは無く、お店が開いていません。
お腹を満たせてくれたのは、夜鳴きソバとウドンの自動販売機でした。
タバコの販売機のような機械が置いてあり
お金を投入すると、ウイーン・・ゴトゴト・・ガタンと、音と共に
きつねウドンが下から出てきます。
人間が機械の中に入っているのか?と思うような箱でした。
夜中に若者数人が道路でウドンを食べている姿は
何とも、格好が悪いし、寒い。
そこで、颯爽と登場したのがカップヌードル
いやー、これだ!と思える食べ物でした。
皆でお金を出し合って30個?入りを2箱購入
これで、お腹の心配は無くて、安心、あんしん。
しかし、大食いの友達で、何個も独りで食べる奴がいる事を
考えに入れていなくて、失敗
次に集まったら、数が大分減っていてガッカリの思い出のカップヌードル。
1個100円ぐらいだったかな?
何ともフォークで食べるオシャレなカップ麺との出会いでした。
今も、たまに食べると昔と変わっていないのに驚きます。

ダカールラリー2007 ゴールしました

昨日、ダカールラリー2007がダカールにゴールしました。
予想通りミツビシが優勝
1位 ペテランセル ミツビシ
2位 アルファン   ミツビシ
3位 シュレッサー シュレッサー・フォード
4位 ミラー     VW
5位 増岡浩    ミツビシ
今年でミツビシは7連覇 12勝です
 選手の皆様、お疲れ様でした
ディーゼルエンジンの実力は素晴らしい!
来年が、また一段と楽しみです。

そろそろゴールのダカール到着

今年のダカールラリー2007もゴール間近
21日がダカールのゴールに到着予定なので
間もなく結果がわかるでしょう!
おそらく、ミツビシのワン、ツーでゴール出来るでしょう。
明日には結果が発表される事と思います。
毎年、レース結果が気になりますが
よく考えれば、特別に応援しているチームが
有るわけでは無く
頑張っている、皆さんにエールを送っています。
1万キロ近くの荒野を全速で駆け抜ける
そんな、ギリギリで過酷な毎日を過ごしている選手の皆さん。
 砂漠の砂で心が磨かれる、と語った作家が有りましたが
本当に人生をかけたレースだと思うと、こちらまで感激します。
旅 や 冒険に妙に心が揺れてしまいます
ダカールレースも究極な旅と言えるのかな?
考えれば、旅に飢えているのかも知れません。
夢は何ですか? と聞かれたら
バイクでピラミッドを観に行く事です!
などと、答えておりますが
結局、旅がしたいのですね。
今の生活では旅とは無縁で
仕事や家族への責任
自分の好みは置き去りにしています。
さて、さて、自分と旅は出会えるのでしょうか・・
種田山頭火さん
何やら、酒飲みの変なおっさん、らしいですが
一生懸命に旅をしたのですね
雲に流れて、水に流れて、草にながれて
空を見上げて、風にながれて、旅に生きる。
山頭火の句に
 「良い宿で どちらも山で 前は酒屋で」
そんな句がありますが、旅だから・・の状況でしょうね
寝るところが準備出来て、落ち着いたら
景色も、気に入って安堵する。
そのように安心、安心でお酒が飲めると
 人生は、この為に有るようなもの
明日はあしたの風が吹く、風の向くまま、気の向くまま。
後は野となれ山となれ 人生至る所に青山あり
芭蕉は
 「旅に病んで夢は枯れ野を かけ廻る」
と詠んで、最後を迎えたそうである。
旅を人生の友とすると、結構厳しい現実も友達になるのでしょう。
何とも妙な気分
旅は逃げないけれど、こちらの体力、気力は逃げていくようだ。
パリダカールラリー2007のイメージである。

エントリーを削除しました。

 エントリー削除のお詫び!
21日の新聞1面に発掘あるある大辞典という番組で
納豆ダイエットの放送にデータねつ造が有った
との報道がありました。
1月18日 「納豆はお好きですか」のエントリーで
番組紹介を行いましたが
誤解を与えるといけませんので
当ブログの該当エントリーを削除しました。
家内の大好きな番組なので衝撃も大きいようです。
今後、番組の行方を大変心配しております。

阪神淡路大震災から12年

1月17日 今日は阪神大震災から12年が経ちました。
京都は昨夜から小雨がシトシト降っております。
6434人の亡くなられた方のご冥福をお祈りします。
街の多くは以前の様に復興出来たように
見えますが、まだ多くの方は問題を抱えて
おられるのでしょうね。
京都の方は幸い、あまり被害が出ておりませんが
又、気持ちを引き締めて地震の事を考えなければと
思います。
今朝、母と阪神大震災から12年が経つんだね、と話していたら
母が
私が娘時代にビックリするような地震に遭遇したと、話してくれた。
母が娘時代って、何年前だろう
たぶん60年以上は前の事だろうか?
そこで関西で起きた大きな地震を調べてみると
1946年 昭和21年 南海道地震
和歌山県沖
M8.0 被害者 1,223人
1948年 昭和23年 福井地震
M7.1 被害者 3769人
以上の二つが考えられます。
道を歩けないぐらい揺れた、と言っていました。
幸い、被害は無かったそうだが
数十年に1度は、大きな地震を経験するのかも
知れません。
とにかく、母の経験でも1995年の阪神大震災の
揺れは一番大きな揺れだと話しておりました。
技術が進歩して地震の初期の揺れを感知して
すぐに警報が出せたり
鉄道などにブレーキ操作するように、なっているそうですが
人間に、いきなり後10秒で地震が起こる、と警報が出ても
何が出来るか、準備を考えておかないと
焦って何も出来ないでしょうね。
2年程前に震度3ぐらいの強い揺れが
突然起こりましたが
その時は、息子と、とりあえず背の高い本棚を
二人で支えたぐらいでした。
いざという時に父親の判断が求められるのですね・・

ダカールラリー 第9レグ

今日のダカールラリーの結果を見ると
ミツビシが1位 2位に順位を上げたそうです。
モーリタニア砂漠の第9レグの結果では
VWにトラブルが出た模様でミツビシが
1位 ペテランセル
2位 アルファン
5位 増岡 浩
と上位に返り咲いたそうです。
ペテランセルは2輪部門で何度も優勝経験があるので
何かひと味違う感じがします。
アルファンは元アルペンスキーのチャンピオン
WRCやF1ドライバーなどのスペシャリストも勢揃いの
何とも過酷なレースです。
1990年頃は毎晩レース結果を放映していましたが
最近はゴール結果ぐらいしかニュースになりません。
砂漠の風や砂の感触にテレビを観ているとドキドキしたものですが
ちょっと寂しい感じがします。
サポートカーとして1BOXのデリカD:5の調子が良いようです。
この春新車発売が予定されているそうですが
走破性能は検証できた様で、デビューが気になります。
ミツビシ ダカール2007のサイトはこちらですので
興味の有る方は訪問してみて下さい。

携帯電話で助かった

先週は遭難のニュースが多く報道されていました。
何でもない、スキー場で、帰りに遭難したとか
山スキーで道に迷い、遭難したニュースが多く流れました。
どうなる事かと心配しましたが、殆どの方は無事に助けられて
やれやれ、一安心。
その後の報道を聞いていると
皆さん携帯電話で救援の連絡が取れたおかげで
救助されたようです。
テレビのコメントで、もし携帯電話が通じなかったら
生命がどうなったか分かりませんでした、とのお話でした。
TV番組も今回の騒動で、携帯電話のスキー場での使用状況を
検証していて、大変興味を持ちました。
スキー場のゲレンデでは、殆ど携帯電話の通話が可能ですが
ゲレンデを離れたり、山の陰に入ると通話も困難になる。
圏外になると電源を切っていた方が電池の消耗も少なくて済む。
頻繁に電源のON OFFすると、その度に基地局を捉えようとして
電波を送信する為に電池の消耗が早くなる。
気温が低いと通常の倍ぐらいに電池の消耗が早まるために
カバンや上着のポケットより、肌身に近い暖かい部分で
保持すると、電池の消耗も少ない。
救助された方の話では、通話可能な場所が見つかったら
そこを動かずに救助を待って、助かったと話されていました。
それでも、他の人の携帯電話は電池切れ、だったとの事で
ギリギリで助かったらしい。
今時のスキーヤーは、皆さん携帯電話をお持ちのようですが
殆どは、仲間との連絡用に持たれていて
遭難での利用は想定されていないようでした。
今後は、救難用に位置情報を送信出来る
携帯電話が発売されるかも知れませんね。
子供用や介護用の携帯機能には、位置が確認出来るらしいから
難しくはないと思います。
私の携帯電話にはGPS機能があって、地図が表示され
便利なのですが、さて山で遭難したときには
その機能が役に立つのか不明です。
やはり、確実に通話範囲が広い携帯電話が、いざと言うときには
安心できますね。
海でも山でも確実に通話が出来るのは「衛星携帯電話」でしょうか?
冒険家には必需品ですね。

ダカールラリー 2007

今年も気になる、ユーロミルホー・ダカール 2007
現在1月10日 5日目(モロッコ)の結果が公表されております。
1位 サインツ   VW
2位 ドゥビリエ  VW
3位 スーザ    VW
4位 ロマ     三菱
5位 アルファン  三菱
7位 ペテランセル三菱
8位 増岡 浩   三菱
90位 篠塚 健次郎 日産
99位 片山 右京  トヨタ
以上のような順位です
1-3位をフォルクスワーゲンが独占しており
続いて三菱が健闘している状況です。
サインツはWRCチャンピオンなので速さは
想像出来ますね・・
今年はVWと三菱の一騎打ちといった感じです。
VWはディーゼルエンジンでの参戦
TDIディーゼル 2.5L 285馬力 の実力だそうです。
砂漠や荒れ地にも低速トルク、燃費の良いディーゼルが
有利なのでしょうか?
昨年のルマン24HレースでもアウディのTDIディーゼルエンジン車が
圧勝しておりますので
今年はディーゼルエンジンが注目されるでしょう。
ルマンでのアウディTDIディーゼルの車が横を通過するときに
エンジン音が聞こえないほど静かだった、と記事がありました。
ディーゼルエンジンは音がうるさい、排気煙が出る、加速が悪い
などの印象がありますが
ディーゼルエンジンの進化は凄いようですね。
日本は何故かディーゼルにあまり注目していないようですが
ヨーロッパでは半分はディーゼル車の勢いらしいです。

武士道の心

 朝のテレビ番組 スーパーモーニングでのお話・・
番組の中で藤原正彦氏と鳥越俊太郎氏との
対談をされていて、ちょっと真剣に聞き入ってしまいました。
藤原氏といえば「国家の品格」の著者で
新田次郎さん 藤原ていさんの御子息。
話題で感心をもったのが、いじめ問題で
 武士道精神が出る。
たぶん鎌倉時代のような武士道の話では無く
昔の、皆が持っていた心の話です。
 卑怯な事はするな
 相手を思いやれ
その二つの事を藤原氏は強調されていた。
皆で弱い者をいじめるのは卑怯者である
 だから、してはいけません。
当たり前の話である
どうも、昨今は、当たり前では無いのかも知れません。
最近のニュースで、どうにも理解が出来ない事件が多すぎます。
どうして、そうなるの?
何故、防げなかったの?
藤原氏は小学生の時に、多くの本を読む事が
必要だと言っていました。
感受性を養ったり、考える習慣を身につけたり
文章から本質を考える事が出来るからでしょうか?
思えば、最近「三丁目の夕日」や「東京タワー」 「がばいばあちゃん」などの
作品の人気があり
ちょっと昔、皆が貧しかったけれど優しかった時代への
郷愁が有るのかも知れません。
私も、そんな時代が懐かしく思えます
色々有ったけど、幸せだった記憶が多く残っております。
とにかく、人様の迷惑に、なるような事はするな!
これだけを教えられて育ったように思います。

成人式なのですが

 本日は、全国で成人の日の祝日です。
 娘も成人式の招待状が届いていましたが
式典には出席せずに、アルバイトに出かけました。
友人達も出ないとの事だそうで、何とも逞しい娘です。
内心は、どうかなのか、親として気になりますが
 いつも通りの一日を過ごす感じでした。
私も妻も成人式の式典なるものには、出ておりません。
どうも、皆が集まる行事には、なじまない性分のようです。
そんな、親の性分を受け継いだのかも知れません・・
今夜は我が家での成人のお祝いを、ささやかに行いたいと思っております。
娘よ 成人おめでとう! 何とも不透明な時代だけど
健康で自分の感性を大切にして、しっかり歩んでくれると
 親として大変嬉しい。
思いやりのある優しい娘でいて下さい。

良い天気の初仕事

arasiyama.jpg
 昨日は初仕事で仕事先の嵯峨野に出かける
空は青空で気温も穏やかな新年の気持ちよさです。
信号で止まって渡月橋を見ていると、見にくいですが
欄干が途中で色が変わっております。
黄色く見えるのは工事用の仮の欄干です・・どーして?
実は昨年末の30日の夜中に橋が凍結の為
車が欄干を突き破って下の川に転落したそうで
何とも、有名な「渡月橋」の欄干が数メートル壊れているのです。
幸い、車は水のない中州に転落した模様で人間は軽傷で済んだようで、何よりでした。
スピードの出し過ぎには注意しましょう!

2007年も宜しくお願いします!

 1月4日の初エントリーです
昨年は当ブログにコメントを頂き有り難うございました。
 今年も相変わらずのエントリーですが宜しくお願いします。
さて、仕事先は明日からの始動なのですが
仕事始めの、納品の予定を何とか、本日クリアー出来ましたので
一息ついてのエントリーとなりました。
大晦日の、某N●Kの紅白歌合戦を久しぶりにお酒を飲みながら
観ていると・・・何と・・エッ? と眼が覚めました。
何やら、どう見てもバックで踊っている女性の上半身が、裸では?・・オイオイ
 それも群舞で、あれー どうしたの?
えらく、某放送局も、くだけた・・感じになりましたね。
家内は、すでにコタツで、ウトウトしていたので観ていなかったようですが
そのシーンの話をすると・・あっ そう! と興味の無い様子。
しばらくして番組の司会者が・・先ほどの胸がポロリの女性達はボディースーツを着ていたのです・・
 との、説明が入りましたが・・それにしても今回はビックリしました。
今回の紅白は、どうもシックリ来ませんでしたネ・・
司会者の前でカンニングボードを持っているスタッフが丸見えだったり
手を上げて指示をしている、ディレクターが映ったり
舞台のソデを行き来しているスタッフが画面をチョロチョロとしていたりと、ちょっと興ざめでした。
念入りなリハーサルを行っていたと思うのですが・・
 などと、カメラマンのカメラ操作が気になる年末でした。
きっと、後でキビシイ反省会を行った事でしょう。
元日は暖かく穏やかな年明けで、久しぶりにゆっくり過ごせました。
普段飲まない日本酒を飲みながらゴロゴロ・・ゴロ
昼食は皆のリクエストに答えて、私の自慢の炒飯を作成
ふーむ・・何ともいえない鍋さばき・・
自分でいうのも・・あれですが・・どうだ!恐れ入ったか、我が家皆の衆・・
2日はシトシト雨模様
午前中は初詣で茨木までお出かけ
いつも渋滞の高速道路はスイスイ~
お昼過ぎに帰ってきて、昼食を済ませ
午後から仕事場に出かけ、大好きな?・・仕事を始めました。
仕事場の窓を開けると、天満宮の参道が見えるのですが
小雨の降るなか初詣の人を見ながら、今年も始まったな、を感じながらの仕事でした。
そんな、こんなで2007年も始まりましたが、お互い良い年であるように願います!
 どうぞ今年もよろしくお願いします。