微妙・・な気持ち

 父が昨年、介護認定を受け、早半年
あれだけ嫌がっていたデイサービス
一度も休まず何とか通所してくれています。
昨日は認定から6ヶ月が過ぎ、再度介護認定の訪問調査の日でした。
本人、私、家内、母が同席し調査が行われます。
生活に関してや運動動作、言動など質問は多岐に及びます
父が質問に答えるのですが
6ヶ月前と昨日とは微妙に異なります
少し改善された部分とさらに退化した部分
自分の親が評価されるのは、何とも複雑な思いが生じます
家族は毎日接しているので、何となく・・・過ごしておりますが
出来ない項目を直視させられると・・微妙なんだよね・・家族としてはね
いつも笑顔の父と接していたいのだけど
そうもいきません
老いや介護というのはブラウン管からの感覚でしたが
私の年齢になると身近な現実だと最近、特に感じます。
先輩方の通った道を私も少し歩き始めました。
今のところゴールは考えないで、とりあえず とりあえず ボチボチです。
・・で、話は脱線しますが
何度も観ているお気に入りのDVD
フォーク大全集なるDVDです
1970年代の懐かしのフォークなのですが
皆が若いのです
拓郎も中島みゆきも素晴らしく若い
フォークルも懐かしくて涙が出ます。
河島英五も青年だしね
私が自信に満ちていた時間がよみがえります。
懐かしく想い出に浸るのではなく
当時の影像と音楽を感じていると
何だか自分の細胞が若かった記憶を思い出せそうで・・
そんな感覚が少しだけ嬉しいのです。
楽しい事に全てのエネルギーを投入できた時代の記憶なのです。
風に吹かれて遠い世界に若者たちは風になり
帰ってきたヨッパライは岬をめぐって赤ちょうちん
思えば遠くへきたもんだよね!

残照の雪だるま

 今朝の京都は少し雪が積もりました・・
先日の土曜日は全国的な雪で
京都も朝からみぞれから粉雪、そして本格的に
雪が降り続き昼には5cm程の積雪となり
この冬の本格的な雪景色となりました。
今回は仕事に追われ、窓から降る雪を眺めるのみで
 カメラで雪の風景を撮りませんでした。
余裕が無いんだね・・!
以前なら、子供のように夢中で雪の中に飛び出したのに・・
11日の夕方、天満宮を散歩していると
残照にたたずむ雪だるまの名残に遭遇
前日にもこの雪だるまはたたずんでいましたが
殆ど溶けず、私を迎えてくれたので
記念に携帯カメラにて挨拶の代わりにパチリと記録しました。
 題して 「9日の雪で制作され 11日の残照に映える名残の雪だるま」
yukidaruma.jpg

食べ物が心配

 ここ数日は中国製冷凍ギョーザーの中毒事件のニュースを
多く耳にします。
とにかく、中毒被害にあわれた方の早期回復を願います。
いったい何が原因かは不明なのですが
関係者の努力で早急な原因解明と対策のニュース報道を
待ち望んでいます。
最近、食べ物関係のニュースが多くて気になります。
表示の偽装や食にかんする安全に不安を感じておりますが
身体に安全で美味しい食事を楽しみたいですね!
バイオ燃料用にトウモロコシが栽培され
トウモロコシや大豆に小麦が大変高騰しているらしく
そのうち輸入量も激減したら
日本の食料の確保も何とかしなければならない時代に
なるのかも知れません。
日本の食物自給率は30数パーセントと聞いています。
そんな自給率で大丈夫なのか不安になります。
しかし、人に聞いた話なのですが
北海道の食物自給率は200パーセントぐらいらしく・・・
そんな話を聞くと・・さすが北海道とエールを送りたい。
やはり広い土地とともに生活がおくれると
何か非常事態が起こった場合
生活の確保は都会よりリスクが低いのかも知れません
自給自足が生活の原点なのでしょうね。
ミサイル防衛も大事かもしれませんが
食物自給率を上げる事も急務な課題だと
最近強く思います。