フランクルさん

夜中に目が覚めた時 無意識に聴くラジオ放送
最近聴いた放送で心に残った ヴィクトール・エミール・フランクルさん、と実存主義
そして強制収容所体験のお話
苦しくて悩み人生に絶望してもフランクルさんが言った
 「人生に絶望しても人生の方は、まだあなたに絶望はしない」
あなたを必要としている何かや誰かが必ずいるはず

 最近少し疲れたり悩んだりする時がありますが
何だか少し、この言葉を聞くと勇気が出ます。
あの苦しい強制収容所でもフランクルさんは
ジョークを言って頑張り抜いたそうで
フランクルさんのいた部屋の人間は生存率が高かったらしい。

木曽福島の蕎麦だね!

 「The Bucket List」 バケットリスト そんな名前の映画を観ました。
日本名のタイトルは 「最高の人生の見つけ方」
ジャック・ニコルソン と モーガン・フリーマン の映画で
病気で病院に入院した時、同室になり、二人とも余命6ヶ月と診断される。
自分たちが棺おけに入る前にやりたいこと、見たいこと、体験したいことの
全てをリストに書き出します。
ジャック・ニコルソン(エドワード役)は入院している病院も経営している大金持ち
二人で体調も安定している時にリストを次々実行していく。
二人は余命を宣告されてから、一生分笑う・・
色々な事を体験するが、結局家族や元の生活に戻って人生を終える。
  そんなストリーの映画です。
先月、私の人生の師匠 恩師 先輩 友人 仲間 でもある
大切な人が天国に旅立ちました。
元気になれば先ず木曽福島の「くるまや」のもりそばを食べに行こう・・
そんな約束をしておりましたが、願いはかないませんでした。
先生と秋の木曽福島を訪れたかったですが、必ず代わりに皆で行くからね・・・

親と同居して9年目・・

 自分の親と同居をして、9年目に入りました
以前から同居は、しないと話していた両親でしたが
体調の不調が続き、同居に対して同意の方向に傾きました。
子供が中一に小5の時でした
家族の話し合いの結果、全員一致で今が同居を始める良い機会だと
決まり2000年に両親は自分の住まいを離れ、我々と同居をスタートしました。
最初は以前の住まいには話し相手も多くいたので
度々30分程の距離を歩いて近所のお宅におじゃましておりましたが
数年前から体力的にも辛くなり行かなくなりました。
今の町内には同世代がいないので、やはり寂しいようです。
 9年目に入り暮らしも随分変化しました
子供達も大きくなり21歳と18歳に成長し、それぞれの夢に向い、忙しい毎日を過ごしています。
父も84歳、昨年から要介護3の認定を受けデイサービスに週2回通い
 母も杖を放せなくなりました。
そんな家族の暮らしですが
何やら、不思議な感じで、私は家に帰れば両親の前で子供として意識するようになりました。
厳格で几帳面な父は、ここ数年前から何もしなくなり
認知症も、この夏から一段階進んだ感じで、困ることが多くなりました。
そんな状態の父親だから、頭のなかは数十年巻き戻された感じで
きっと私は青年に戻っているのかも知れません。
父には子供として接している自分に気づき、不思議な感じを覚えます。
実際、立場として私は父からすれば55歳の子供・・なんだけど・・ね
父の話す事の真意を理解する為にまず、昔の事から言葉の意味を考えなければなりません
理解し、会話をする為には多くの時間を共有しないとダメだと気付いた次第です。

何とか以前のデザインへ復活・・

 何とか、悩みながら・・以前の様な感じに復活出来ました。
テンプレートの仕組みが、以前と大幅に変わり、大変悩みました
何とも苦手なincludeとかmoduleとかの単語が出てきます・・ヤレヤレ
テンプレートモジュール に ウィジェット とかの概念が最初は理解出来ませんでしたが
ガイドブックをアマゾンで購入、届いてからは私なりに少し前進した感じです。
便利になった分、古い人間には理解が不便になりました・・ね!

何とかMovableType 4.2にバージョンアップ完了

 何とかバージョン作業は完了しましたが
多くの設定作業が残っています。

今回は 3.33から4.22へのバージョンアップ
テンプレートは毎回お世話になっております「小粋空間」の3カラム使用

今日の作業は、ひとまず終了、明日以降に持ち越しです。

ブログのバージョンアップ

   お知らせ
 MovableTypeのバージョン4.22がリリースされましたので
当ブログもバージョンアップを行いたいと思っています。
 以前のものより大幅に新しくなっているようです たぶん・・
セキュリティ関係の強化の必要を痛感しており
スパムコメントに悩んでおりましたが
やっと変更しようと思い立ったので
全てのファイルを更新する予定です。
 動作が上手くいかなかったり、コメントが正常に書き込み出来ない等
不具合が生じるかも知れませんが
そのような場合、不慣れだとご理解頂き、お許し下さい・・・
ブログのデザインも何度も変更表示されるかも知れませんが
 悪戦苦闘の事とご理解下さい。
 さて・・どの様に作業すれば良いのやら・・・文字通り悪戦苦闘の連続・・かも?

秋の夕暮れ、窓から良い香りが・・

 昨日は素晴らしい秋の夕暮れでした
仕事場の窓を開けると、稲刈りの済んだ田んぼがあり
 その向こうには天満宮の桜並木、そして西山連山
秋の青空も日が暮れて、色彩が、ぼんやりと薄れてる。
そんな窓から、脳を刺激する素晴らしい香りが・・
キンモクセイの香りでは無く・・もう少し胃と脳に刺激が伝わる・・
 あの香り・・んっ・・あの臭い・・カレーのスパイシーな香り
窓の道を隔てた向こうはイタリアンレストランなのでパスタの臭いは漂いますが
どうも窓から顔を出して確認するが・・別の所から漂っているようだ!
仕事場から外に出て、臭いの出所を捜していると
どうやら、裏のマンションの何れかの部屋から漂って来るようだ
今までで一番” 食べたい!”と感じるカレーの香り(臭い)でした・・
・・と そんな切ない秋の夕暮れ、食欲の秋 真っ盛りです。
仕事場は駅から3~4分の距離
北隣は和菓子屋で向かいはイタリアレストランと和風割烹
そして食堂にパスタ専門店、焼き鳥専門店に居酒屋は「ももじろう」と「八剣伝」
仕事帰りはパスタと焼き鳥の臭いを嗅ぎながら家に帰ります。
冬はそれに、おでんの誘惑も加わって何とも鼻が忙しいのです。
ちなみにパチンコ店は2店あり
仕事関係で来所するパチンコ好きの人物は、羨ましい・・と言いますが
私には、まったく興味が無いので
出来れば、食べ物屋に変われば良いのにと願うのです・・

寺町今出川上ル・・

昨日は素晴らしい秋空の祝日
親戚家法事の用事で上京区のお寺に出かけました。
御所を通り、同志社大の前を抜けて寺町なのでお寺が並ぶ
素晴らしい秋空のもとでキンモクセイの香りを感じ
午前中に法事を済ませました。
このお寺には織田信長の墓所もあり
京都では有名なお寺なのですが
美しい境内も秋の光を受け、落ち着いた雰囲気で
心が和みます。
百年はつい最近の事のように思え
千年は少し昔・・そんな雰囲気の寺町界隈でした。

昨日から能登の新米・・

 昨日の夕ご飯から、能登から届いた新米です!
毎年、家内の田舎の能登から新米コシヒカリを送って下さいます
能登の田舎の風景を感じながら伯父さんの新米を美味しくいただきました。
昨年から私の怪我の為、息子に精米を手伝わせ
 精米作業の懐かしい香りを嗅ぎながら
今年も美味しいお米が収穫出来た事を嬉しく感じます。
近所のコイン精米スタンドで精米するのですが
今年は精米機が新型?に変更されておりました・・
 精米メニューに 標準 精白 そして今回は無洗米が登場
一瞬、無洗米コースにしようか迷いましたが
水道水の節約より・・お米の栄養が少なくなりそうなので
今回は精白コースを選択・・
値段は30Kgで300円、無洗米コースは倍の600円でした。
スタンドの後方広場には、農家御用達の一度に1トンぐらい精米出来そうな
装置?(蒸気機関車の上からに水を補給するような機械)があるのですが
さすが元農協横の精米スタンド・・
一度作業中を見学したいと毎回30Kg精米中に見とれています・・・
米糠は山ほど・・出るのだろうな・・・
ナスとキュウリの糠漬けは美味しいだろうな・・・
そんな秋の一時でした。

木曽ツーリングから帰って記念撮影・・もう30年が過ぎた

 木曽のキャンプツーリングから帰り、上賀茂の先生実家前での思い出の写真

 山埼先生 と私たち 右端は私(sumi)
旅からの帰り、先生の御実家にご挨拶
先生のお父上が記念にと、撮って下さいました。
写真には「1977年夏」の書き込みがあるので、31年前の思い出
木曽路へのツーリング、高原にテントを張ってのキャンプでした。

続きを読む