デスクトップに覚え書き

 昨年から心がけている事・・
 それはメモ書き・・
 パソコンのデスクトップに「覚え書き」というショートカットを作成し
 いつでも、何でも、とりあえず「覚え書き」に書き込んでおく
 何回となく「覚え書き」を表示させ・・用事が済めば、その行を削除する
 「覚え書き」あるいは「メモ」とも言えるただのテキストファイルですが
 簡単なので何より・・です
 以前はスケジュールソフトや携帯のスケジュールに入力したり
 手帳に書き込んだりしていましたが
 現在はこの、PCデスクトップ「覚え書き」テキストに落ち着きました。
 とりあえず、聞いたりした事や用事の予定、仕事のメモと・・何でも
 その時に1行書き込んでおく
 そして不要になれば、その行を削除する。
 そんな方法で忘れないように生活しています。
 それから「日記」の記録ですが
 
 もう随分昔から「一太郎 6」だったか?? に付属していた
  「SASUKE」というスケジュールソフトを愛用している
 
 毎日、仕事の終わりに簡単に、その日の作業を記録している
 これが結構役に立ち、無くてはならない存在のソフト
 何か、他に便利なソフトは無いか?と探してはいるが
 いまの所、見つかってはいない。

キリシマツツジ

昨夜から本格的に降った雨
夕方、雨も止んだので、キリシマツツジを鑑賞
連休中は見頃のようですが
明日ぐらいが一番の見頃かも知れません。
 長岡天満宮キリシマツツジ 4月25日 午後4時半撮影
tutuji1.jpg
tutuji2.jpg
tutuji3.jpg
23日の午後、爆音と共に低く飛ぶヘリコプター
 何度も頭上を旋回するので
何か事件か?と周りの人も空を見上げていました。
ああっ・・ これか!・・
今朝の新聞に大きく、天満宮のツツジの写真で
 上空からの画像が大きく掲載されておりました。
そのニュースに影響されて
今日は、雨上がりの天満宮のツツジの記事となりました。

56歳の誕生日

 今日は私の56歳の誕生日と言うことで
昼食を回転寿司で家内と食べましたが
今年は・・昼食がプレゼント・・との事なので
昼なのですが、ビールで乾杯です。
ちょっと遅めの昼食を済ませ
仕事場に帰るとタイミング良く友人からの電話
 ”竹の子を掘ったので、これから持って行く”との連絡で
長岡は筍の名産地、毎年今の季節、友人からの竹の子を待っている。
最近は竹の子を茹でるのも熟練がいるので
彼は気をつかって、堀りたてを茹でてプレゼントしてくれる・・感謝!
コーヒーを飲みながら、春の午後は楽しく過ぎた。
今夜の誕生日の夕食は竹の子づくしを味わおう!

和庭化プロジェクト

 何を思い立ったか我が家の和庭化・・
今まで庭や植木には全く無関心の私・・
それが・・
何だか庭や植木に少しだけ関心が出て
我が家の「和庭」にしよう・・ネ・・しようか・・できるのか?
そして・・癒されようね・・
父が認知症になり、デイサービスに通っています
庭の手入れも父任せだったので・・荒れてきました。
植木の手入れは植木屋さんまかせで良いのですが
地面が殺風景なのに気が付き
そうだ! 苔やシダで殺風景な地面を埋めよう
ついでに草盆栽や苔玉に挑戦しよう
などと言い出して
最近パソコン雑誌から植木の本を手にする私です。
とりあえず、地面の緑化計画スタートしました
画像で紹介出来るようになれば・・と考えておりますが・・さて?
紹介できる「和庭」になるか不安です・・
 「4月25日 植木画像を追記しました」
genkan.jpg
 杉の植木の地面に、現在苔を増やす計画
tourou.jpg
 植木下の地面が固くなってきたので
 シダや苔を植えて一面緑に変えてやろうと計画
 マツ スギ ツツジ ヒバ ツゲ リンゴ サクランボ キンモクセイ ビワ
  などが無秩序に植わっております・・

柏餅

 昨日の午後のお茶に柏餅をいただきました
もう・・柏餅の季節 端午の節句も近いんだな・・等と思いながら
ふと、柏餅の入っていたパッケージに目をやると、何やら説明が書いてあります。
 「柏餅 かしわもち」 端午の節句に柏餅を食べるいわれ
 柏の古い葉は新しい葉が
 
 生育するまで枯れないので
 
 子孫繁栄に縁起が良いから

なるほど・・何気なく今まで季節だからと・・柏餅を食べておりましたが
これからは、いわれも感じながら、美味しくいただきます。

「アルト」のネーミング

 スズキ自動車を元気にした「アルト」
この自動車不景気の時代に黒字で元気なスズキ自動車
そんな少し元気になれそうな感じで以前録画していた
テレビ番組を観ていました。
年を取られた今も現役で会長と社長を兼務されている
鈴木 修 さんが出演されていた。
苦しい今の時代だからこそ、頑張って現状を立て直し
次の世代に継ごうと頑張っておられるとの事・・
苦しかった昔のスズキ自動車社長時代
起死回生の車、それが「アルト」 47万円
アルトの人気でスズキ自動車は立ち直ったと説明されていました。
そのアルトのネーミングがユニーク
ある時は買い物に
ある時は通勤に
ある時は送り迎えに
ある時の 「アルト」 にネーミングに決定
私も「アルト47万円」のコマーシャルは強烈に記憶に残っていて
自動車は案外安いのかも?・・とそんなイメージを抱きました。
そこで今一番売れている軽自動車の「ワゴンR」のネーミングを質問されて
鈴木社長は笑顔で
  アルトもあるけど ワゴンもあーるで 「ワゴンR」が生まれた・・だって・・
この自動車メーカーの不況の時代
まず、真っ先に下請けにコストダウンを要求
そして、外注や下請けのコストダウンから始める改革
そんな時代にも鈴木社長は、先ず自社の改革を率先して行い
下請けにはコストダウンを求めないと語られていました
厳格にコスト意識の強い方ですが
中小企業の社長です、と自負される鈴木 修さんの行動力に拍手を送ります。
思えば自動車はトヨタ、バイクはホンダの私
唯一、スズキのDR250とRM80いうバイクを購入して乗っていたことがあるが
自動車はありません。
しかし若かりし昔、レストランの駐車場でバックしてコツンと
相手のフロントに接触したのが
おばさんの運転する、真っ赤なアルトでした。
私とアルトとの出会いです・・

ふと思う、数え年

 私はもうすぐ誕生日を迎えます
1953年生まれなので、誕生日で56歳になります。
最近は満年齢で伝えるのが多くなりましたが
親の世代は数え年で考える場合が多いので
年齢を記入するときに・・あれ? 何歳だったか迷ったりします。
仏教では数え年を記入する場合が多いので
以前、お寺で数え年の事を教えていただいた事がありました。
仏教では、母親の胎内にいる間から生命として考えるので
生まれた時に1歳と数えると教えていただきました。
以来、満年齢と数え年に悩まなくなった次第です。
私も親の世代のように数え年で考える年齢になったのかも知れません・・・

桜ギャラリー

 京都長岡京市 4月10日の さくら 桜 ♪
sakura.jpg
sakura1.jpg
sakura2.jpg
sakura3.jpg
sakura4.jpg
街の入学式は快晴で桜もちょうど満開
お洒落をしたご両親と新入生を
 春風と桜が祝福します。
春風に桜の花びらが少し舞い始めたので
 桜を記録するために散策してきました。
毎年、桜が咲くと散策していますが
今年は天候にも恵まれて、例年以上に美しく咲いているように思います。
夜にはライトアップも予定されていますが
 夜桜見物にはちょうど良いでしょう・・

1982年から27年

 4月4日は結婚記念日
1982年4月4日に結婚し、あれから27回目の結婚記念日
 今回は、特に何も行わず、子供からの「オメデトウ」の言葉で十分です。
今年は子供も4月から生活が大きく変わり、我が家も新たな1年がスタートした気分
 友人からの連絡も 「孫が出来、お爺さんになりました」の一報が
届くようになりました。
・・ふーむ 孫と散歩している義兄の笑顔を見ていると
 爺さんも悪くないなー・・と思いますが
その前に嫁ぐ娘の父を経験するのが、ちょっと憂鬱だな・・
 精神年齢=中学生 肉体年齢=メタボ長老クラス
 あと2週間ほどで56才になる私です (^^ゞ
  

入学式に出席

  先日、家内と私は息子の大学を初めて訪問したのです。
何しろ、人が多くてビックリ
最寄り駅から大型バスがピストン運行していましたが
5分ぐらいで大学まで行けると思っていたところ
バスに乗るまで45分ほど行列し大学到着時は
もうすでに入学式は始まっていた。
式場の体育館には入りきれないので
テレビモニター教室が多数用意されており
そちらで保護者は入学式の参加となりました。
入学式後の懇談会に出席
学部教授方の挨拶を受ける
2時間近く、学校の教育方針や教授方の説明を聞く。
懇談会も終わり、キャンパス内を探検
クラブ活動の勧誘している学生諸君の姿や雰囲気を感じ
 息子がこの大学を選んだ事は”正しい選択”だと私は直感出来た。
きっと息子の”何か”を後押し出来るだろう
そして息子は進むべき”何か”を見いだせるだろうと感じられた。
娘の大学の落ち着いた入学式の雰囲気とは違い、今回は騒々しくエネルギッシュで
混沌とした大学の雰囲気だけど
何か・・前向きな清々しさを感じられたので息子の決断も良いのだと思う。
入学式も終え息子と3人で久し振りに梅田に出た
さて、お腹も空いたし何を食べよう・・・
家内が珍しく、KYKの豚カツを食べたいと言う・・
息子が、それって・・テレビで宣伝している・・あの KYK??と聞くので
大阪育ちの家内は”そうやで おいしいねんで”と答えたのが、妙に私は嬉しくなった。
私もドージマの KYK を大阪時代によく食べた
今回は三番街のお店で息子は初 KYK となりました。
みそ汁とご飯もお代わりして、3人はお腹いっぱいで京都行き阪急電車に乗りました・・とさ・・