今朝の新聞記事 「京都企業の強み」

電子部品関連では
京セラ 日本電産 村田製作所 ロームの4社が京都に本社を置き
ほかにも任天堂 島津製作所 オムロン など個性的な企業が多い。
独特の存在感を示し続けている京都企業の強さの秘密って・・
 どんな秘密なのかな?

私が読んで大まかにあげると

匠の技を重んじる気風
伝統産業の家訓のような教え
独創性
先進性
学生の町

そんなキーワードが書かれていました。
それから私が一番驚いたのは
祇園の存在で
取引交渉の後は祇園の接待に期待して商談も
早く進むとか・・
海外企業との取引でも京都の知名度が有利に作用するとか・・
そのような事が書かれていました。

なるほど
京都って古いものと新しいものが混在して独特な空気を生んでいるのかもね?

八重の桜も最近は京都の話だし
京都疎水は若い技術者が任されて頑張ったし
疎水の水運だけではなく、その水を利用した水力発電で
産業や市電に利用されたので京都が発展したそうだし
このまま前向きに頑張りたいものです。

  

アマチュア無線って?

 今日の話である・・

夕方、時間が出来たのでいつもの理髪店に行った
すぐ近所なので、もう随分お世話になっているお店です。
お客は私以外にひとりだけ
いつもの顔見知りのスタッフさん(30代男性)が担当してくれて
何気ない日常の話をしていた。
そして、趣味の話になり
私の趣味は「アマチュア無線」でね と話すと・・
 ああ・・そうですか! と話が弾むと思っていたら・・

スタッフさん え? アマチュア無線って何ですか?

私 無線機を使用して 遠くの人や、知らない人と交信したり出来るんですよ!
  家に大きなアンテナがあったり 車にアンテナが有るのを
  時々見るでしょう?

スタッフさん え?・・ そんなの見たこと有りませんよ!

私 ...ん・・ホント? 見たこと無いの?

スタッフさん  意識して屋根とか見てませんネ・・

私 はあっ・・とため息ひとつ・・ (;>_<;)
  ちょっと寂しいな・・

トライアンフ ボンネビル

昨日の夕方、散歩中に信号待ちをしていると
一台のバイクが目に入る
何やら聞き慣れたエンジン音では無く
静かだけどインパクトのある音がするので注目した・・
あれ?・・ドゥカティでもないし アメリカンとも違うし・・…
タンクのエンブレムを見ると英国の「トライアンフ」だ・・
それもボンネビルだと気が付きました。

ヘルメットのスモークのシールドで顔はよく見えなかったが
40歳代ぐらいに思えました。
ツーリングの途中のようで
交差点でなかったら、思わず声を掛けたに違い有りません。

良いな~ と見とれていると信号が青になり
ブルル~♪ と走り去った。

新しいけど古い 古いけど新しい

久し振りにバイクを見てちょっと脳を刺激された感じでした。
落ち着いたバイクで・・というのも良いね~