アマチュア局を開局して43年

高校2年でアマチュア無線局を開局して
 43年になりました。
早いものですね・・

50MHZからのスタートでした。
おきまりのスタートセット
FDAM-3とスクエアローアンテナに安定化電源セットでした。

5球スーパーの受信機自作で制作する楽しさを覚え
クリコン制作で50Mを受信。
トリオの9R59D通信型受信機キットを購入。
そして2E26真空管の50MHZAM送信機制作で
送信機の難しさを実感。
先輩OMさんのアドバイスで自作無線機での交信は
感動でした。

高校の九州修学旅行へも当然、FDAM-3とアンテナが荷物。
九州までの船上ではダイポールANTで運用
旅館の屋上にアンテナ設置で運用
阿蘇山上からもホイップANTで運用でした。
先生やクラス仲間も無線熱の私の行動は自由にさせてくれました
 今思い出しても感謝です ( ^)o(^ )
集合写真もFDAM-3と一緒の記念写真です。

その後は
お金を貯めてスカイエリート6で10Wの出力へ・・
そして猛烈に貯金して
念願のHFの世界へ FT-401S を購入。

そんな楽しい無線との出会いだったので
今でもアマチュア無線を続けているのかも知れません。

当時の仲間のコールサインは現在、運用されておりませんが
いつか再びお空で交信できる日を楽しみにしています。