若いころバイクで余市を訪問

0007

朝のドラマに余市が登場しています。
そういえば、若いころバイクで余市のニッカウヰスキーを
訪問した事を懐かしく思い出しました。
蒸留所は早朝なので残念ながら入れませんでしので
 門からそっと雰囲気だけを味わいました。
それから38年ほど時間が過ぎましたが
写真を眺めると当時の事が鮮明に思い出されます。

わが街のCQ誌事情

 昨日、CQ誌2月号を購入しました。
特集は「100円ショップ活用ヒント集」
100円ショップに時々行きますが事務用品の購入が
多かったので今度は色々なグッズも探してみようかな?

そのCQ誌ですが、置いている本屋が少なくなりました。
毎回、散歩を兼ねて購入するのですが
ゆっくり歩いて、片道約40分、往復1時間半ほどかかります。
その本屋は駐車場も広く、街のはずれにあるので
皆さん車で来る人が多いようです。

「CQ ham radio」の表紙の文字が目に飛び込みます。
横には「ラジコン技術」 「トランジスタ技術」
 が並んでおり、いつも目を通しているのです。
時間のある時は航空関係の本も大好きなので、もちろん目を通します。
余裕があれば、どれも購入したいのですが・・そうもいきません(@_@;)
で・・結局CQ誌だけを手に取りの、お買い上げで他の本には申し訳ありません。

気に入った本や雑誌を金額を気にせず購入出来ると良いな・・( ^)o(^ )

コメント投稿の件

 コメントの書き込みが出来なかった事が出来るようになりました。

今まで書き込みが出来なかった事をお詫びいたします

スパムコメントをブロックするプラグインを自動バージョンしていたところ
いつの間にかパスワードの設定が必要になっていたのに、気が付きませんでした。
私が書き込む事は普通に出来たので、申し訳ありませんでした。
 このプラグインに関してもう少し調べてみます。
管理人 sumi

種田山頭火か新田次郎

私が無我夢中で仕事をしていた若いころ。

仕事がとても忙しくハードでクタクタ
おまけに仕事の責任も重くのしかかっていた時代。

まったく出口の見えない生活でした。

そんな時、一筋の希望が種田山頭火の生き方か新田次郎の小説でした。
放浪してみたい・・とか
山小屋の手伝いもいいかも?
そのような事を何時も考えながら毎日の仕事を何とか続けていた。

そんな時
時々、夜中に飲みに行っていた近所の飲み屋さんでの事・・

友達と飲みながら、うだうだ議論していたと思う・・
そんな我々の話に飲み屋のオヤジ(当時40歳ぐらい)が
我々の話に割り込んできて
突然、君たちは「サロベツ原野」を見たことはあるのか? 
と、強い口調で聞かれた。

もちろん、私たちは北海道の北の方で原野というから荒れ地なのだろう・・
 ぐらいの知識しかなくて。
知りませんと答えるしかなかった。

それを聞いた、飲み屋のオヤジさんは
私たちにひとこと言った
 「サロベツ原野も知らないのに、人生の事を言うな!」と・・
エラク怒りながら言われたのである。

そして、お酒が入っていた私 ちょっと酔っていた私だけど
何かグサッと心にきたのだ・・
モヤモヤとしたが、その日は友人とそのまま店を出た。

そしてしばらくして会社に退職願いを出して会社を辞めた。

そんなに言うなら
サロベツ原野というものを体験しようじゃやないか・・
流氷に乗ってみようじゃないか・・
丹頂鶴と白鳥に接してみよう・・

そんな、こんなで
種田山頭火も新田次郎も、ちょっとお休みさせていただいて
サロベツ原野を見に行った・・
3月の北海道へバイクで旅立ったのでした。

飲み屋のオヤジの一言が私の背中を強く押してしまった (@_@;)

まー しかし それから40年ほど経つが
今も旅の途中かも知れないナー (@_@;)

そんな事を今日はふと思い出してしまったのである。

阪急大宮駅に行く

 今日は仕事で四条大宮に行く用事があったが
荷物も少なかったので、車で行かずに阪急電車で行く事にした。

阪急大宮駅は以前にも記事にした場所ですが
私には、懐かしく好きな駅なのです。

午後からの仕事を済ませ
阪急大宮駅を南に行くと無線ショプがあるので
行ってみると・・あら! 今日は休業日でした (@_@;)
第3月曜日は休みと店のシャッターに書かれてありました トホホ。

次はお目当ての「餃子の王将」
このお店は高校生の頃、良く来ていたお店・・
2本立て映画を500円で鑑賞
その後、必ず「餃子の王将」で餃子をお腹いっぱい食べるのが
唯一の贅沢でした。
何十年振りかで訪れました。
お店も綺麗に改装されていましたが
 何とも懐かしく、美味しく餃子とビールを味わいました。
この為に、今日は電車で来たもんネ! ( ^)o(^ )

 阪急大宮駅
omiya0119a

 餃子の王将 1号店
omiya0119b

パン屋さんのレジにビックリ!

 家から歩いて5分ほどの、昨年出来たパン屋さん。
気になっていましたが、店の前を通ったので
初めて、お店に入ってみました。
新しくて、今風のオシャレで洋風な、お店でした。

朝7時から営業されているようで
 朝の10時頃でしたが、お腹も空いていたので何種類か購入しました。
そして、レジで支払いをしようとすると
 レジカウンターに、駅のキップ販売機のような機械が置かれていて
その機械で清算するのです・・(@_@;)
料金を入れると、お釣りもカラカラと、聴きなれた音と共に出てきました。
 ナルホド ナルホド ・・
パン屋さんで機械による支払いは初めてだけど
衛生的ですね!

お店の人から、購入したパンの袋とレシートを受け取り
 お店を出ました。
今時なのでしょうか・・
そのようなお店が増えるのでしょうね (*^_^*)

パンも美味しかったので、又違うパンを購入しに行きますね!

映画館で「フューリー」を観る

 1月2日 観たかったのを思い出し、「フューリー」を観に行きました。

都合で夜9時15分からの上映でしたので
客席には10人ほど、だからゆったり鑑賞出来ました。
1945年4月 ブラッド・ピット演じる戦車長の
シャーマン戦車(Fury号)とドイツ軍のティーガー戦車との戦闘シーン。
 (ティーガー戦車は実車のようです)
そして、映画の後の方では動けなくなったシャーマン戦車フューリー号と
300人のドイツ軍部隊との戦闘シーンでした。

映画が終わり外に出たのは夜12時少し前・・
JRのホームで待っていると、雪の為にダイヤが遅れているとのアナウンス
みるみる雪が積もっています。
約10分遅れで電車に乗れてヤレヤレ (@_@;)
街の駅を出ると20cmほど雪が積もる中
トボトボと家路についた次第で、寒かったデス。

久しぶりの映画館
やはり音響の迫力はテレビとは違いますネ!
うぅーん 音の迫力に圧倒されました ( ^)o(^ )
シニア料金の1,100円 なのもウレシイ・・♪

あけましておめでとうございます

 2015年 今年も宜しくお願い申し上げます。

小学5年生の頃に初めてハンダこてを手に持ち
 真空管ラジオ制作の手伝いをしたのがスタートでした。
隣に住む、電気科に通う高校生のお兄ちゃんのお手伝い・・
 真空管ラジオを制作していました。
何となく半田付けを手伝わされ、電気回路という不思議な
 迷路に迷い込んだようです。
そして、私も同じ工業高校電気科に進学し
アマチュア無線の世界に入り込んだ次第です。
 就職も電機メーカーに就職したので
ハンダこてとテスターが体の一部の様な生活を送ってきました。
お陰さまで、61歳の現在も毎日ハンダこてを手にしていますが
部品が小さくなり、回路図も細かく複雑になったりで・・
以前より少々作業に時間がかかるようになりました (@_@;)
真空管の時代が懐かしいデス・・