「鉄腕アトムを作ろう!」創刊号購入

どのような内容なのか購入してみました。
AI人工知能ロボットには興味がありますが
毎週の購入には厳しいものがありますので
創刊号のみになりそうです。

付属冊子でアトムの資料を見ると

1951年~1952年
「少年」4月号より「アトム大使」連載

1952年
 「少年」4月号から「鉄腕アトム」連載開始

1959年3月7日~1960年5月28日
フジテレビ系 実写版 「鉄腕アトム」放映

1963年1月~1966年12月
フジテレビ系 アニメ 「鉄腕アトム」放映

幼稚園の自分の画集に鉄腕アトムとか鉄人28号と
思われる絵が残されているので
60年近く前からのアトムは私のヒーロです。
当時の私たちの年代の正義の味方は多くて
心強い存在です。
鉄腕アトム 鉄人28号 月光仮面 怪傑ハリマオ
七色仮面 まぼろし探偵 少年ジェット・・
もー・・怖いもの無しの少年時代です \(^o^)/

 

私が幼稚園(1958年ころ)で描いた絵です。

コメント

コメント(6)

  1. 昭和の怪人 on

    幼稚園の時の絵を拝見すると、下の中央と右は、実写の鉄腕アトムのようですね。後期のレオタード風のつなぎを着たアトムのように思われます。
    マフラーはしていませんが、ヘルメットの形と、胴体がそう言う感じに思われます。
    懐かしいです。
    私は、小学生だったので、雑誌「少年」に載った実写のアトムが火星探検隊長になり、軍服を着て、隊員と敬礼する写真を、一生懸命、紙に模写してました。飾緒の付いた短い丈のダブルの軍服がかっこよかったですが、下半身は、ズボンを穿かず、タイツ、ブーツなので、そのコーディネートに驚いていました。
    当時、アトムも正義の味方の良い子の代表のスーパーロボットと思ってみていました。勿論、約束事のシュールな世界でしたが。
    ネットで、下記にその写真が確認でき、驚きました。懐かしいです。
    思い出されましたでしょうか? 今、見てアトム少佐のスタイルはどう思われますか? 私は、今でも凛々しいと思うのですが。

    http://hayashiharuto.blog.jp/archives/74115856.html

    返信

  2. sumi on

    昭和の怪人さん、コメントをありがとうございます。

    記事の幼稚園の絵は、私が幼稚園で描いた画集に残っていました。
     家にまだテレビは無かったので本の絵だと思います。
    後に鉄腕アトムの実写のテレビ番組も観ていましたが、やはりアニメの
    イメージが強いです。
    画像を拝見しましたが制服を着たアトムのイメージが思い出せません。
    やはり、アトムはアニメのイメージになっています。
    当時はヒーローが多くて楽しい時代でした。

    返信

    • 昭和の怪人 on

      コメント有難うございます。幼稚園の絵の時は、テレビはありませんでしたか。
      実写のアトムは、1959年からだったので、1968頃の絵と伺いテレビを御覧になられて書かれた物かもしれないと、思ったものです。
      当時、本を御覧になられたとすれば、雑誌の少年ですね。
      実写アトムの放送が始まると、少年に紹介記事が載っていましたから、それも御覧になられたと思われますが、制服を着用したアトムのイメージは、思い出せませんか?
      私は、実写の漫画とは別物とも言えるアトムが等身大でしたね。火星探検隊長にしても、本当に、少年が大人の隊員を引き連れると言う意味のリアルさを感じました。一方、アトム自身は、ロボットのリアルさは余り感じられず、コスプレと言う感じでしたが。何しろ、鋼鉄のボディのイメージは無く、服を着て、タイツを穿いているというイメージだったので。

      返信

  3. sumi on

    >昭和の怪人さん
    実写版のアトムは小学生の頃に観た記憶がありますが
     やはりアニメ版のアトムの方が記憶が大きいですね。
    アトムは10万馬力の力持ちで、やさしい子のイメージで
    鋼鉄のロボットというイメージは無かったのかも知れません。
    「少年」は付録が楽しみで買っていました。

    返信

    • 昭和の怪人 on

      コメント有難うございます。
      雑誌の「少年」を買っておられたとは、羨ましいですね(笑)。私も、買いたかったのですが、当時、学習誌しか許されず、友達に借りたりして、見せてもらっていました。
      本放送の時は電波が届かず、「少年」の記事で実写のアトムを知りました。
      最初、漫画のアトムとの余りの違いに驚きました。それでも、火星探検隊長の写真を見て、ファンになった物です。
      勿論、コスプレの約束事と思っていましたが。
      後に、再放送は見れたので、火星探検の巻は、夢中になって応援しました。アニメの放送が始まったら、実写アトムの再放送は打ち切られたので、がっかりしました(笑)。
      未だに、当時が懐かしいです。実写のアトムの方は、同級生の女の子にも、人気が有ったので、アトムを演じる瀬川少年が羨ましかったです。彼は、あのコスチュームは、恥ずかしいと思っていたらしいですが。まあ、ロボットらしくするのに、生足と言う訳には行かなかったでしょう。

      返信

  4. sumi on

    >昭和の怪人さん
    私は実写版のアトムは、もちろん観ていました。
    しかしアニメの鉄腕アトムの方が記憶に強く残っていますので記憶があいまいです。

    「少年」は書店の一番目立つところに並んでいましたので
    発売日を心待ちにしていました。
    付録の厚さもウキウキしながら手に取ったものでしたね・・
    少年画報や冒険王も時々買っていましたが「少年」がなにより楽しみでした。
    その「少年」も最近、復刻版が出たようで知り合いに紹介してもらいましたが
    購入はしておりません。

    コメントをいただいて実写版のアトムの事の記憶を遡って思い出しております。 m(__)m

    返信

コメントする